5年前の夏

写真を整理していたら、珍しい画像が出てきました。

日付は2006年8月26日。
Toshiとリュウが二人で遊びに行ったときのものです。

リュウが歩いているのは名取川の河口付近の仙台側・藤塚地区。
貞山堀に沿って走るサイクリング道路です。

海岸線に沿って防潮林が何十キロと延びていました。

a2006.08.26 051

これは、貞山堀の入り口。
a2006.08.26 124

いつもは、リュウの背後・対岸の名取市側を散歩していました。
この写真は、対岸から閖上(ゆりあげ)の町を望んだ希少な写真。
a2006.08.26 133

この景色もあの津波で一変してしまいました。

海岸から750mほど離れて、海岸線に並行して走る県道があります。
1ヶ月ほど前にこの道を走ったときには、上の写真にある松の木が根こそぎの状態で県道の左右の田んぼに転がっていました。
あとは、民家もなにも、文字通り「何にもない」状態。
あんなに密に植えられていて、視界を遮っていた松林がチョボチョボと残っているだけでした。
海岸線の形も変わってしまったようです。

対岸の名取市側・閖上の堤防沿いに知人の家がありました。(ちょうど3枚目の写真に写っている辺り)
震災のときにたまたま仕事が休みで在宅していたという知人は、屋根の上に登ってどうにか助かったそうです。
家は残っても、到底住める状態じゃないのだとか。

この辺りです。

大きな地図で見る

忘れたくない景色なので、
敢えて記事にしました。


※動画にリンクしていましたが、地図に直しました。あの動画は正視に堪えないので・・・

theme : ■MIX犬■
genre : ペット

形見分け

仕事に忙殺されて、すっかり更新をサボっておりました。

先日、リュウの形見分けをしました。
遺品を集めたら、たちまち8畳の座敷がいっぱいに!
そのほとんどが私からの貢物。
そりゃ、親たちも「もうリュウの物は買わないでくれ」と文句たれるわけだわ。

ベッドと食器類、犬小屋はマリンの元へ。
毛布やタオル類はぷちブチが貰うことにして、
ペットシーツとオムツは地元のボランティアさんへ。
その他の介護用品は将来のために保管しておくことにしました。

直径10cmほどの初代首輪からリュウが寝たきりになるまで使っていた最新のものまで、大小の首輪が7~8本。これは母が保管することになりました。

晩年のクリームに着せていた衣類と、リュウのコート類。これは、マリンもぷちブチもしばらく必要なさそうです。サイズ的に小さなものは処分しようかと思うものの、どうにも捨てられず、結局そのまま。
洗濯しておいた物でも、5年も前に亡くなったにクリームの毛が付いていたりするとやっぱり捨てられないんですよねぇ。
なもんだから、全然片付かない。


28日で四十九日が過ぎました。
暖かい日を選んで、庭の藤棚の下にお骨を埋葬しようと思います。
そこなら居間がよく見えるので。

↓この場所
ryu930919.jpg

毎朝、実家へ寄ってリュウの祭壇にお線香を上げてから出勤していましたが・・・そこにお骨までなくなってしまったら、いよいよもって寂しくなりそうです。

theme : ■MIX犬■
genre : ペット

ペットシーツに想う

リュウが逝ってはや3週間。
クリームが亡くなったときにはしばらくメソメソしていた私だけれど、リュウの場合はちょっと違う。
私が嫁いでからの12年間は別に暮らしていたせいか、身の回りにリュウの存在を感じられなくともそれほど大きな喪失感がない。

でも、今、無性にリュウと散歩に行きたい。

リュウとの散歩とぷちブチやマリンとの散歩は、全く別物といってもいいくらい違う。
これはひとえに年季の問題だと思う。
のんびりしたペースで、静かな場所を景色や季節を楽しみながら歩く楽しみは、お互いの動きを熟知していたリュウとじゃなきゃなかなか味わえない。
ぷちブチともいずれ、そんな散歩ができるようになれるといいんだけどなぁ。


そして、最近感じた自分の変化。
あれほど大好きだったペットショップやホームセンターが楽しくない。
ぷちブチのオヤツなんかを買うために行くには行くのだけれど、リュウのためにいろいろと物色した品々を見るのがどうにも辛い。

なかでも私を打ちのめすのがペットーシーツだ。
長年リュウが使っていた食器やベッドを見てもさほど辛くはないのに、ペットシーツを見るととても大きな喪失感を感じてしまうのはなぜ???
昨日も、大型スーパーの棚のエンド部分に見た事もないメーカーのペットシーツを見つけた途端に、思わず足が止まってしまった。(リュウが使っていた銘柄ならまだしも・・・)
昔の写真や動画を見ていても楽しかったことばかり思い出されて幸せな気分にしかならないのに、なぜにペットシーツがスイッチなんだ??

普段、外でばかり排泄していたリュウは、寝たきりになって初めてペットシーツを使うようになった。
別に、寝たきりのリュウが可哀想だったとか、そいういう心理が働くわけではないと思う。
もしかすると、介護していた期間が、私にとって16年間で一番リュウの近くに寄り添っていた時間だったからなのか?
私の中で、ペットシーツは介護の象徴で、もうペットシーツを使わない、選ぶ必要もないと思うことが、リュウとの別れを一番実感させることなのかもしれない。(・・・と分析してみた。)
ペットシーツでこうなんだから、a/d缶の匂いなんか嗅いだ日には号泣するかも?


寝たきりになってからのリュウは片時も離れたくないくらいに可愛かった。
嫁いでしばらくの間、リュウと離れて暮らすことがどうにも辛くて、隠れて泣いていたこともあったけれど、それでもここまでリュウを愛おしいと感じたことはなかった。

母も「死ぬ前のリュウは仔犬の頃以上に可愛かったね」と写真を見ながら「可愛い、可愛い」を連発している。
傍から見れば、仔犬の方が可愛いと思うに決まっていると思うんだけど・・・人間の心は不思議だな。




ライオンの赤ちゃん風

theme : ■MIX犬■
genre : ペット

リュウ7歳。

リュウが4歳のときに8ミリビデオを買って、いろいろと撮りためた映像があるのですが、これはデジタル化できていませんで、WEBで公開できないのが残念です。
PCに取り込んでいる最古の動画がこれ。リュウ7歳です。
若かった。









リュウの優先順位は ①散歩 ②ボール遊び ③プロレス
ゴハンやおやつは全然目じゃない。
人の顔さえ見ればボールかぬいぐるみかスリッパを咥えてきて、ポン!と足元に投げてよこして「あそぼう!」の姿勢をとってました。
空中キャッチはなかなかの腕前で、9割がた成功。
ボールを持ってくるときは、成功したときの得意顔、失敗したときの悔しそうな顔。笑っちゃうくらい表情が違ってました。

theme : ■MIX犬■
genre : ペット

デジタル・リュウ

ばあちゃんからリュウに頂いた御供花料で、デジタルフォトフレームを買わせてもらいました。これを実家に飾って、リュウの画像を常時スライドショーにしておこう、と思いついたのです。

100213_1517~02.jpg


早速、撮りためた夥しい数の画像を4GBのメモリースティックにコピー。大きな画像は縮小をかけ、どうにか私の手元にある画像と動画(枚数は・・・数える気にもなれない)を詰め込みました!
リュウが初めて我が家にやって来た日から、お骨になった日までの壮大な一大記録絵巻(?)です。
・・が、他にもToshiの銀塩カメラで撮った写真もあれば、Toshiのデジタル一眼で撮った、私の手元にないデジタル画像もあって、リュウの写真がどれだけあるのか、まるで見当がつきません。
この機会にしっかりと写真・画像の整理をしたいな・・・ということで、甥っ子をアルバイトに雇いいれ、まずはミニアルバム62冊分の写真とネガを照らし合わせる作業を進める予定。(笑)

このデジタルフォトフレーム、動画も複数のファイルの連続再生ができるので見応えがあります。
普段、動画をバンバン撮っているToshiに「こんなに撮りやがって・・・保存しておくのに容量食うべやーと心の中で毒づいている私ですが、こうしてみるとどれもこれもが貴重な記録映像。 よくぞ撮っておいてくれた!Toshi、グッジョブ! (笑)

晩年は全く手のかからないおっとり爺さんだったリュウ。昔からそんなワンコだったような錯覚に陥りますが、昔の写真を見ているとギラギラしてワルかった若き日のリュウが甦ってきて思わずニヤニヤしてしまいます。
そうだよ~。毎日、「リュウ、コラ待て!」 「バカッ何してんのっ!!」 「いい加減にしなさいぃーっっと大騒ぎだったもん。
写真の整理ができたら、そんなギラギラリュウの写真もここに記録として残したいと思います。

theme : ■MIX犬■
genre : ペット

プロフィール

rapico

Author:rapico
【登場人物】
らぴこ=私。犬と馬と通販とブラジル(?)と酢イカが好き。
Toshi=夫。犬と馬とスポーツ観戦と「水曜どうでしょう」が好き。
リュウ=実家の犬。16歳♂。気のいいじいちゃん。耳が遠くなって平穏な毎日。(2010年2月8日永眠)
マリン=姉の家の犬。7歳♀。思慮深く、かつワイルド。リュウを慕う。
チャッピー=姉の家のお預かり犬。月1で登場。見た目仔犬も老犬15歳。(2011年2月3日永眠)
ぷっちー=本名:チャコ。飼い主さん不在の家で相棒ブッチーと二人暮らし。食いしん坊で高速回転が特技の推定14歳のおばあちゃん。(2011年4月15日永眠)
ブッチー=本名:ポチ。2000年生まれ♂。ぷっちーの弟分。本能のままに生きるが、意外と物分りのよい一面も。好奇心旺盛な甘えん坊。(2013年1月8日永眠)
クリーム=今は亡きリュウの母親。リュウとは2つ違い。2005年3月15日永眠)

≪意味不明のコメント・トラックバックは断りなく削除します!≫

CalendArchive

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

らぴこのおススメ

【手作り鑑札ケース】

首輪に付けるポケット式の鑑札ケース。メモを入れてもいいね! 売上げは不幸な犬たちの保護活動に活かされるよ。

【おススメ犬具】
177.gif (4447 バイト)
可愛い犬グッズと手作りカラー&リードのお店。カラー&リードの使い心地はバツグンだよ!

【毎日のお散歩におススメ!】
「ワンダフン」 中・小型犬用
ウンチが緩いときも楽々お片付け☆トイレットペーパーをセットしておけばそのままトイレにも流せちゃう

【お出かけ先でのおトイレに♪】
わんちゃんトイレッシュ[15枚入]
ポリ袋ごと流せるので、お出かけ先の公衆トイレにポイ!もうウンチのお土産はいらないよ

東日本大震災被災動物支援

福島原発避難地域の動物支援
がんばっペット
飼い主さんと離れ離れになって保護されている犬猫たちの情報が写真入りでまとめてあります!

捜しています!!

迷い犬を捜しています。 「この犬は!」と思われた方は写真をクリックしてください
ぷーちゃん

ラッキーくん

23/4/30 愛知県田原市蔵王山で失踪
ミニチュアダックス/♀/赤い首輪の裏側に連絡先

20/9月頃 浜松市西区馬郡町より失踪
ハチ

20/9/6 浜松市南区若林町より失踪
はな

20/7/12 浜松市西区馬郡町より失踪
ロン

お知らせ

↑click

里親募集中!

!お願い!
ペットショップへ行く前に、ぜひ保護施設やボランティアから迎え入れることを検討してみてください。優しい家族を待っている子達が沢山います。


仙台市を中心に活動中のボランティア



里親募集情報・全国版
(マリンとの縁結びをしてくれたサイトです)

天気予報

QRコード

QRコード

RSSフィード