スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リードに反応??

今日は10時過ぎにぷっちーたちの様子を見に行きました。
暖かな日差しの中で日向ぼっこしていたようですが、我々が門を入ると急に不穏な空気に・・・。
ぷっちーはやっぱり、恐怖の脱糞でお出迎えです。jumee☆faceA129

とまぁ、今日も2匹は歓迎ムードではありませんでしたが(笑)、ジャーキーだけは手から食べてくれます。

食べ終えると、「もっとちょうだいよ!」と吠え始めるぷっちー。

散歩用のリードを2匹に見せてみました。特別な反応はないものの、吠えていたぷっちーが大人しくなりました。物置の陰に隠れていたブッチーも「何事か?」と近寄ってきました。


ブッチーの目線の先には・・・
CIMG3632a.jpg
家の前に広がる畑で、農作業をしている親戚の奥さんの姿。度々そちらを見やるのは、奥さんの動きを見ているのじゃないかな?
もしかしたら、ブッチーは甘えん坊犬なんじゃないかな?と思わせることが度々です。

午後からは研修会が入っていたため、今日はそこで退散。
本当は使っていないボブハウスを洗って、犬舎周りの掃除もしたかったのですが、準備不足と時間不足で断念です。

帰り際、奥さんとお話できました。
飼い主さんが施設に入って一週間の間、2匹は「大丈夫だろうか?」と思うほど怯えていたそうです。
今はご主人と奥さんを頼りに思い、だいぶ落ち着いてきているのでしょう。
お二人が農作業をする間だけでも、その姿を眺められることで、ワンコたちは心強い思いをしているのかもしれません。
「いつもどうもね~」と、採れ立ての大根とブロッコリーを頂きました。ご馳走さまです!!お金

研修会の帰りに、ホームセンターでウンチ掃除用の熊手とスコップを購入。ウンチを片付けてもらう前に自分で踏んづけてしまうようで、落ち葉と一緒になって掃除が大変です。
昔、クリームの小屋の防寒対策を考えながら、使えそうなものを探してホームセンターの資材売り場を見て回るのがとても楽しかったものです。
ぷっちー・ブッチーも出来得る限り快適な環境を・・・と思うのですが、自分が全面的に世話をしていたクリームの場合とはやはり勝手が違います。
思うように時間が割けないことと相まって、なんとももどかしい限りです。せめて季節が夏だったらな~。
スポンサーサイト

theme : ■MIX犬■
genre : ペット

手からジャーキー

昨日は一日雨でした。風もあったので、犬舎に吹き込んでいたんじゃないかな~・・という予想は的中。今朝、ぷっちーたちの様子を見に行ったら、ぷっちーの犬舎全体とブッチーの犬舎の半分の地面が濡れていました。
やっぱり、雨避けを考えなければならん!

手っ取り早いのは、小屋を犬舎内に入れること。ただこの場合、小屋に拒否反応を示したら、下手すると犬舎にも入らなくなる可能性あり。
雨風を避けるだけなら、ビニール又は板などで犬舎の入り口以外を塞いでしまう。こっちの方が、ワンコたちの抵抗は少ないんじゃないかと思われるが、上手く設置できるかどうかが鍵(犬舎自体が老朽化しているので・・・)。

小屋を入れてしまえば、その中と外で防寒対策ができる。臆病な彼らには、隠れ場所にもなる小屋がある方が安心できるのではないか?とも思う。
というわけで、とりあえず1個だけあるボブハウスを、ぷっちーがいつも逃げ込む犬舎と犬舎の間に入れてみて、それに入るかどうか実験してみようということになりました。

小屋作戦でいくと、もうひとつ小屋が必要になるんだけど、さて、新たに使うかどうかも分からない小屋を買ってしまっていいものか?(使わないときは置き場所すらないもんで。^^;)
姉の家に、チャッピーが泊まりに来るときに使っている(チャッピーには大き過ぎる)バリケンがあるので、それを持ってきて、代わりに小さめのバリケンを買う、という手もある。。。それでいってみようかな?

さて、今朝のぷっちー・ブッチーです。

ぷっちーはご機嫌斜め。というか、私たちが近寄ると恐怖のため脱糞。ガッカリ2
ずっと吠え通しでした。
CIMG3622a.jpg

一方、ブッチーはついに!我々の手からジャーキーを食べました!アップロードファイル
正確には、手から奪い取って自分の陣地に逃げ帰っただけなんですけどね。(笑)
CIMG3618a.jpg

そして午後、Toshiが仕事の帰りに立ち寄ってみたときは、2匹の反応が逆転。
ブッチーは全然近寄って来ず、朝はあれほど怯えていたぷっちーがToshiの手からジャーキーを食べたというのです!シンジラレナ~イ!!

どうも、彼らの反応には一貫性がありません。もきゅ
でも、我々との距離はジリジリと縮まっているかな?

それと今日は、彼らの散歩用リードを発見!母屋の裏の棚に置かれていました。比較的新しく見えたんだけど・・・いつ使ったものなんでしょう。
リードを見せたら、どんな反応を見せるかな?明日試してみよう。

theme : ■MIX犬■
genre : ペット

今日のぷち・ブチ

ジャーキー食べてご満悦さくら
CA280091a.jpg

目の前のジャーキーに、“ぼく、そんなの興味ないもーん”と目線をそらしつつヨダレを流すブッチー(笑)
CA280092a.jpg

半勤だったToshiが帰宅途中に寄ってきました。(自宅とToshiの職場とのほぼ中間に彼らは住んでいます)
ぷっちーの毛布は泥だらけで犬舎の入り口付近に置いてあったので、犬舎から出してきたとのこと。
全体に汚れているってことは、毛布で遊んでいるor毛布を使っているという証拠。
今置いているのはウールの毛足の短い毛布なので、もっと毛足が長くて洗濯のしやすい毛布に変えてみようかな。

親戚の奥さんは、ぷっちーのことを「チャコ」と呼んでいる様子・・・ なるほど「チャコ」って雰囲気だわ!(元々の名前ではないようですが)
チャコちゃん・ケンちゃんでもよかったかな~・・・って、またまた年齢がバレバレですね。(^^;

theme : ■MIX犬■
genre : ペット

雪の朝

一昨日の夜は雨。久しぶりの本降りでしたが、翌朝雪に変わっていたところが多かったようです。
我が家の周りには雪がなかったものの、Toshiが職場に向う道は雪景色。
ぷっちー・ブッチーの家の周りもうっすらと積もっていたので、Toshiが昼休みに彼らの様子を見に行きました。(時間的にギリギリで、昼休みの訪問はムリっぽい様子)

昼頃には雪も解けていましたが、ぷっちーの犬舎の地面は湿っていて、ブッチーの犬舎は乾いていました。風向きの具合ではやはり風雪が吹き込むようです。
犬舎の前面の半分を厚手の透明ビニールでカーテンのように覆ってやれないかな。

ぷっちーの毛布は犬舎の中でぐしゃぐしゃに乱れていました。
やっぱり邪魔なのかな~・・と思いきや、後で聞いた親戚の奥さんの証言によると、ぷっちーは毛布を咥えてブルブル振り回しているようです(結構重いんだけど・・・)。もしかしたら、毛布で遊んでるだけ??

Toshiがたまたま持っていた犬の棒ガムを2匹に上げたら、夢中になって食べていたそうです。^^
ゴハンは朝1回もらっているようです。昼に行くと少し残っていて、翌朝までには全部食べています。

theme : ■MIX犬■
genre : ペット

カート初乗車

昨日の夕方の散歩で、初めてカートにリュウを乗せてみました。

散歩の最初はテンポよく歩くリュウですが、20分くらい歩くと段々とペースダウンしてきます。ちょっと進んでは立ち止まり、辺りのニオイを嗅ぎ出すようになってきたら、疲れてきたサイン。
そこで、用意していたカートの登場です。

ka-to.jpg

このカート、後ろの面が両側ファスナーになっていて、ファスナーを外して外側に倒すと中に乗り込むステップになります。
ステップを出してみましたが、リュウがすんなり乗り込むはずもなく・・・ 抱っこをして上から入れました。
多少暴れはしたものの、乗ってしまえば大人しいもの。スーパーのペット用カートとは違って、ジャストサイズで安定感があるし、目線の高さも普段とあまり差がないので恐怖感はないようです。
左右の風景を眺めながら、のんびり運ばれていました。(笑)

ジャストサイズと言いましたが、実はお尻がつかえています。(^^;
カート上面は、ファスナー付きでフタが出来るようになっているのですが、そのフタが完全には開かないような設計です。これが全開すれば、リュウにはピッタリサイズなんだけど。
お座りして行けばちょうどいいのに、リュウは立ってバランスを取らないと気がすまないようで。(車に乗っていてもそう)
少し凸凹の道になったら、前部の棒が咽喉に当たって「エッエッ」となったのですぐに抱き上げて降ろしましたが、10分くらいカートで一休みできたせいで、再び元気を取り戻して足取りが軽くなりました。

結論として、リュウにはビミョ~に小さいです。(^^;;
というか、思っていたよりもリュウはデカかった・・・!

カートは閉じた状態でも引っ張ることができますが、8kgもあるのでなかなか大変です。開いた状態で押す方がずっと楽。(シルバーカーを押しているおばあちゃんの気持ちがよく分かりました)
ただ、1人でリュウとカート両方操るのは辛いかな。

theme : ■MIX犬■
genre : ペット

毛布再挑戦

昨日の朝、ぷっちー&ブッチーに会いに行ってきました。
土曜日に干してきたぷっちーの毛布が乾いていたので、再び犬舎の中に敷いてきました。
ブッチーの毛布は最初に敷いたままの状態で、少し砂を被っています。よくよく見ると、毛布の横に穴を掘った形跡が・・・ ブッチーも毛布は使ってないのかも。。。涙

ブッチー、昨日はちょっと震えてました。一進一退。


ぷっちーは、鼻にシワを寄せて「早く!早くよこしなさいよ!!」と怒りながら催促してます。


こんな可愛い顔してるんだから、怒っちゃダメ!
CIMG3572a.jpg

“いただきま~す”
cimg3575a.jpg

theme : ■MIX犬■
genre : ペット

リュウ、避難

しばらく止んでいた実家へのニャンコの不法侵入が、このところ頻繁になってきました。
夜、帰宅すると必ず台所のシンクに足跡がついていたり、リュウの食器が乱れていたり(食料は仕舞っておくのですが)・・・
リュウも怯えているようで、朝、父が出勤する前になるとオロオロと落ち着かなく動き回るそうです。
仕方なく、今日は店の休憩室に避難。そうすれば、リュウの出入り口も閉めておけます。
着いてしばらくは落ち着かずウロウロしていましたが、30分もするとこの通り犬寝
CIMG3569a.jpg
昔は店に連れてきてもピーピー騒いでばかりで、こんな風に寝てなんかいなかったんですけどね。年をとったらどこでも寝てくれるようになりました。

いずれ、介護が必要になったら毎日連れてこなくてはならなくなるかもしれません。今のうちから慣れておいてもらいましょう。

theme : ■MIX犬■
genre : ペット

マリン、朝の風景

「最近わたしの出番が少ないンじゃない!?」
と、マリンに叱られそうなので、今朝、出勤途中に姉の家を訪ねてきました。

庭の前を車で通る時点で、すでにマリンのチェックは入っています。
車を降りると、すでに庭から「ピィピィ」と歓迎する声が聞こえてくるのですが、私の背後にリュウの影がないことを確認すると歓迎ムードはどこへやら・・・・ まぁ、そんなもんです。絵文字名を入力してください

さらに、自分から「お手」をして「なんかちょーだいよぉ」と催促してきて、私が何も持っていないことが分かると、あとはもう知らんぷり。マリン、キミもか・・・、螯rヲW、J、O

立っていても
CIMG3559a.jpg
座っていても
CIMG3557a.jpg
同じ方向を凝視するマリン。私がチョッカイ出しても無視!
その視線の先は台所の窓です。
なんだろう?と思ったら、朝ごはんが出てくるのをひたすら待ってるのでした。

CIMG3561a.jpg
マリンの部屋も冬支度。ガラス扉が閉められました。
でも、どんなに寒くても、マリンが嫌がるので最後の一枚は閉められないそうです。
マリンの閉所恐怖症は根深いなぁ。

theme : ■MIX犬■
genre : ペット

雨上がり

夕べ雨が降ったので、今朝もぷっちー・ブッチーの様子を見に行ってきました。

ぷっちーたちの家は、我が家から車で12分くらい南下した地区です。
時刻は6時半。朝焼けがきれいです。画面左手には阿武隈川が流れています。
CIMG3546a.jpg

着いてびっくり!ぷっちーの小屋の前に毛布が出されていました。
雨でしっとりと濡れてしまっています。一昨日の昼にToshiが見に行ったときは小屋の中だったので、昨日のうちに出してしまったのでしょう。

「こんなの邪魔よ!私の部屋に変なもの入れないでよ!」という意思表示か?
それとも、昼寝用に引っ張り出したのか?
・・・どうも前者のような気がしますが。12
とりあえず干しておいて、乾いたらまた入れてみましょう。
2匹とも、まだこのくらいの寒さは平気なのかな。
クリームも、暖かい日は小屋から毛布を出して寄越していたものですが・・・。

そんなぷっちーですが、今朝は我々に向って吠えたのは最初だけでした。この前までずっと吠え通しだったのに!
そして、私たちが見ている前でもジャーキーを食べるようになりました。
つまり、私たちにスキを見せているということかしらん?

「なんだか知らない怪しい人たち」 → 「ジャーキーを持ってくる怪しい人たち」 くらいに昇進したかもしれません??、螯rヲW、J、O

さらに、バケツの水を替えてあげると、それを覗き込みやってきたブッチーが、なんと私の手に顔を寄せてきて鼻でタッチ!
手袋にリュウのニオイがついていたせいかな?ブッチーは恐怖心はあっても、それ以上に好奇心を抑えきれないようです。アップロードファイル
まだ手からジャーキーを食べるには至りませんが、すこ~しずつ距離は縮まっている手応えありです。


調子に乗ってぷっちーにチョッカイ出したら、一喝されました。アップロードファイル

theme : 里親探し
genre : ペット

新しいともだち

今日こそはリュウと散歩を!と思っていたら、夜になって雨。
散歩は断念し、今日はリュウに新たな友達を紹介することにしました。

ジャーン!コンパニマル ブルドッグ
CIMG3533a.jpg
心音がするぬいぐるみで、病気の犬や、母犬から離されて不安な状態にある仔犬用などの気持ちを癒してくれるというものです。
昔、体調の悪さからリュウの精神状態がかなり不安定な時期があって、そのときからずっと気になっていたのでしたが、先日、ホームセンターで半額セールのワゴンでこれを発見!この機会を逃す手はないので、即購入しました。
お腹には、心音発生装置の代わりに使い捨てカイロを入れてもいいそうです。

で、リュウに見せたわけですが・・・ 耳をひと噛みしたかと思ったら、一瞬にして興味を失ってしまいました。
まぁいいよ。これは噛んで遊ぶものじゃあない。リュウに寄り添ってもらうものだからな。

「ほら、ドクドクしてるよ」
CIMG3535a.jpg
・・・でも無関心。

CIMG3540a.jpg
ぬいぐるみの体の一部に触れているだけでも鼓動が伝わってきます。
夜、母たちの帰りが遅くてリュウが1人で留守番するときはラジオをかけておくのですが、これも一緒に使ってみようと思います。

theme : ■MIX犬■
genre : ペット

偵察

昨日の昼過ぎ、半勤だったToshiがぷっちー・ブッチーの様子を見に行きました。
最初、家の前を車で通り過ぎたときは、ぷっちーが犬舎の中に座っている姿を確認(ブッチーの家は陰になって見えません)。どうやら、犬舎は使われているようですが、毛布の上に座っていたかどうかは不明。

門を入って行くと、2匹は警戒してサッと犬舎の前に出てきます。
ただ、以前は門の外に車を停めただけで吠え出していたぷっちーが、昨日はToshiが庭に入っても吠えず、5m圏内に入って初めて吠え始めたとのこと。これって進歩じゃないすか??棒人間

昨日の朝は予報どおり0度、昼間も5度までしか上がらず真冬並みの気温でしたが、2匹は元気に逃げ回っていたようです;
ブッチーの動きは俊敏で、ぷっちーよりも若く感じられます。
ジャーキー作戦にもブッチーの方が反応が良く、Toshiが横を向いているとサッと近寄ってアピールをするようです。(振り向くとたちまち逃げますけどね^^;)

theme : ■MIX犬■
genre : ペット

リュウを訪問

20081121092034


今朝は早めに家を出て、リュウのご機嫌伺い。
というのも、ここ一週間リュウのところへ顔を出していなかったのです。
普段は週2~3回は散歩に連れて行っているのに、日曜は朝から競馬に行ってしまったし、平日も閉店後に配達が入ってしまって散歩に行けなかったり、母が日中散歩に連れていってしまったりで、どうもタイミングを逃し通し。
この前、母が散歩の途中に店に立ち寄ったときも、接客中でリュウとはすれ違いでした。

 あぁっ こんなんではリュウに忘れられてしまう!!(><)
    リュウに嫌われたら生きて行けない・・・


ってんで、今朝は意気込んで行きました。
Toshiが
 「久しぶりだから、すごく歓迎されたりして」
というもんだから、結構期待して行ったんですけれども。

ウッドデッキで日向ぼっこしていたリュウは、私を見て一応立ち上がり、お愛想程度に頭を擦り付けて、あとはしらんぷり~ ガーン

Toshiや姉だと、なんであんなに大歓迎するんだろう??
私より会う頻度が低いから、珍しいから、だと思ってたんだけど違うの???
どうなんだ、リュウ!!大泣き

theme : ■MIX犬■
genre : ペット

樹木葬

3年前に亡くなったリュウの母・クリームのお骨は、元々の飼い主さんと、クリームの育ての親であるパーマ屋さんと、我が家とで分骨しました。
我が家ではまだ骨壷に入れたまま部屋に飾ってあって、いずれリュウのお骨と一緒に埋葬しようと思っています。
昨日、姉が聞いてきたところによると、パーマ屋さんではクリームのお骨を樹木葬にしたそうです。

お隣岩手県の一関市には樹木葬をしてくれるお寺さんがあるそうで、パーマ屋さんご夫妻は、将来入るお墓をそこに用意したのだそうです。
クリームが埋葬されているのは、間に道を一本挟んだ、その隣にある動物用のエリア。(パーマ屋さんが、動物エリアに隣接する場所を選んだのです)
お隣通しのお墓で、将来もずっと一緒に花を咲かせていくんだなぁ、と思ったら、とても羨ましくなりました。

実の飼い主さんからはほとんど手を掛けてもらえなかったクリームがあれほど良い子に育ったのは、パーマ屋さんの奥さんに溢れんばかりの愛情を注いでもらったからに他ありません。
いろいろな事情でクリームの老後は我が家で看ることになりましたが、クリームは奥さんのことが大好きでした。この話を聞いて、良かったなぁ・・と心底思いました。

いつかクリームの木をお参りしたいな。

cream0303231.jpg

theme : 犬との生活
genre : ペット

毛布差し入れ

2匹の名前が決まりました~。
 茶色のメスが「プッチー」
 白茶のオスが「ブッチー」

文字だけ見ると同じに見えると思うので、メスのプッチーのほうはひらがな標記「ぷっちー」にします。便宜上。(笑)
私が、子供の頃見ていたNHKの「とんでけブッチー」が大好きだったので、ブチのオスをブッチー。
そして、chihaさんのご実家の「プーちゃん」「ブーちゃん」(二人ともマリンの先輩犬)にあやかり、相方を「ぷっちー」と命名させていただきました。

さて、今朝は早起きしてワンコたちに毛布の差し入れをしてきました。

今朝のぷっちー
SA380267a.jpg
相変わらず吠え通し。でも、ジャーキーの袋を振って見せると、一瞬鳴き止みます。(笑)
私たちが見ている前では絶対ジャーキーに口を付けませんが、背中を向けたとたんにムシャムシャ!

ブッチー
SA380266a.jpg
ブッチーもやっぱり犬舎の陰に逃げ込んでしまいますが、尻尾は振っています。
犬舎の奥に毛布を敷くと、すかさずニオイをチェック。彼は結構、好奇心旺盛のようです。
Toshiのお古の毛布なので気に入ってもらえるかどうか・・・不安。(笑)

毛布は犬舎の奥に敷いてきましたが、果たして彼らはそこで寝ているのだろうか?という疑問も・・・
というのも、いざというときに隠れるのは2匹とも犬舎と犬舎の間、犬舎と壁の間のスペースなのです(写真参照)。もしかしたら犬舎の中じゃなくて、そこに寝てたりして??
近々、毛布が使われた形跡があるかどうか偵察に行ってみようと思います。

夕べからずっと強くて冷たい西風が吹いていましたが、ワンコたちのところには全く風が吹き込まないことがわかり、安心しました。

今朝は日中も気温は上がらず、今夜、山添では雪の予報です。明日の朝は0度近くまで冷え込むそうなので、ぜひとも毛布で暖をとって欲しいものです。

theme : 里親探し
genre : ペット

新事実

日曜日、競馬場に行く途中でワンコたちのところへ行きました(名前まだ決まりません;)。
タイミングよく親戚のご主人がワンコたちの家の落ち葉炊きをしていたので、ご挨拶。
とても気さくな方でした。

そして、やはり白茶のブチがオス、こげ茶がメス、ということが判明。(^^;

ワンコたちは相変わらず吠えたり逃げたりですが、前回のように唸って歯を見せることはありませんでした。
白茶の子は、ジャーキーを差し出すと一旦は逃げるものの、ジャーキー欲しさに「もっとちょうだい!」と言わんばかりに近寄ろうとします。
でも、こげ茶の子は手ごわそう。私たちが視界に入っているうちは吠え通しです。
しかし、ご主人には怯える様子もなく大人しく頭をなでさせているではないですか!
あれれれれ!? 「奥さんは噛まれそうになる」と聞いていたので、誰にも全く慣れていないものとばかり思っていました!

ご主人曰く 「毎日エサくれる人のことはわかってんだ」

ワンコたちが気持ちを許せる人がいる、という事実に気持ちが楽になりました。
時間を掛ければ、いつか私たちや他の人にも気持ちを開いてくれるかもしれない、という希望も持てます。

さて、今回は彼らの住宅事情をじっくり観察してきました。
母屋の東側にコレ↓を

もっと開放的にしたような犬舎が2棟並んでいます。その横に、使っていないボブハウスが1つ。
その背中(北側)には山(崖)が壁になっていて、北風・西風は直接吹き込まないようになっている様子。
地面はコンクリートかと思っていましたが、土でした。若干掘った跡あり。

ご主人は「ずっと外にいて抵抗力がついているから大丈夫。あんまり温かくしてやると弱くなるから」とニコヤカに仰ってましたが、、、老犬の越冬にはもうちょっと備えがないと心配・・・(TдT)
本当なら犬小屋を投入したいところですが、そこはガマン。
雨雪に備えて一部スノコでも入れたいのですが、ワンコたちが警戒して犬舎に入らなくなっては困るので、とりあえずは毛布だけ入れて様子を見たいと思います。
しばらく大雨なんか降らないといいなぁ。

theme : 里親探し
genre : ペット

エースデヨバン

20081116120247
20081116120245
出資しているA4が福島で走りました。
結果は惜しくもハナ差4着(≧ε≦)

よく頑張ってます。
六歳ともなるとレースのたびに「引退」の文字が頭をかすめるけれど、まだまだやれるかな?、と思わせるレースでした。

反面教師リュウ

ずっと仕事の方でバタバタしていて、今月2日の芋煮会の記事が書けずにいます。
2年前も同じメンバー(犬3匹)で芋煮会をしました。(→その時の記事
このときは、リュウはマリンと同い年(当時10ヶ月くらい)のノンちゃん(♂)にベッタリ付きまとい、ノンちゃんはじっとそれに耐え、マリンはワンコが2匹も遊びにきたので大興奮、といった感じでした。

今年も同じ展開かと思いきや・・・
全く違った状況が繰り広げられました。
2年が経ち、ノンちゃんは立派な若者に成長し、リュウは年老い、マリンも少しは成長したのだから、それも当然かもしれません。
とにかくノンちゃんがリュウにベッタリ!!
キューキュー声を上げてリュウに寄っていきます。(マリンのことは全く眼中にありません。^^;)
リュウはそれが怖くてたまらず、低い声で「ヴーヴー」唸り通し。
ついにはノンちゃんの耳を噛もうとする始末です。

  リュウよ、2年前自分がノンちゃんにしたことを思い出せ・・・(--;

そんなわけで、リュウは芋煮会の間の大半を車に隔離され、寝て過ごしたのでした。
ノンちゃん、リュウに拒絶されながらも「キューキュー、キューキュー」言いながらリュウを探していました。(ノ_T)

で、そんな光景をじっと横で見ていたマリン。
その数日後、思いもかけないことをしてくれました。

マリンは散歩の途中でいろいろなワンコに会います。
相性のいい子、攻撃的なのでなるべく避ける子、全然見向きもしない子、といろいろですが、マリンから他の犬に対して吠えたり、攻撃をしかけたりすることはこれまでありませんでした。
それが、いつも挨拶を交わすワンコに、いきなり「ヴ~」と威嚇したのだそうです。理由もなく。

姉曰く 「きっと、リュウの真似をしたんだよ・・・(困)」

げっ マジ!?

マリンには、師と仰ぐ犬がリュウの他にもう一匹います。近所に住む秋田犬です。
水道の蛇口から水を流して、それを途中でキャッチして飲む水のみの方法は、子供の頃にその秋田犬から学びました。大型犬は苦手なのですが、その秋田犬のことは今でも大好きなようです。
確かに、気付くとマリンは他の犬のすることをじっと観察しています。
ならば、リュウがもうちょっと若かったら、マリンにもキャッチボール遊びを教えてあげられたかな?とちょっと残念です。

ノンちゃんはノンちゃんで、一昨年の芋煮会以前は、他の犬のことが怖くて仕方がなかったのだそうです。
ところが、リュウからしつこすぎる位に構われて以来、自分から他の犬に寄って行くようになったのだとか。
良くも悪くも、リュウの影響力はバカにできないようで。(--;

theme : ■MIX犬■
genre : ペット

名前考案中

Toshiが電話で置き去りワンコの親戚の方に許可をいただきました。
犬たちにはいくらでも会いに行っていい、毛布・犬小屋の差し入れもOKとのことで、ホッとしました。
近々、改めて挨拶に伺おうと思っています。

この子たち、15歳という話でしたが、実は年齢不詳。名前も分かりません。
年齢はもうちょっと若いように思えますが・・・(リュウと比較すると2歳位若いように見える)
昔はワクチンなども打ってもらっていたようだ、とのこと。
飼い主さんの病状の関係で、詳しいことが何も分かりません。

この子は男の子。
先週、Toshiが始めて会いに行ったときの写真です。
ひどく怯えているのが伝わってくると思います・・・
CA280063a.jpg

こちらが女の子、とにかく逃げ惑っています。
CA280064a.jpg

さしあたり呼び名を決めなければ、ということで、何かペアっぽい名前がいいな~と思っているのですが、なかなか「コレだ!」というのが思いつきません。
「ぐりとぐら」 「リサとガスパール」 「パティ&ジミー」 「キキとララ」 「リンリンランラン」 「ランランカンカン」・・・そんな感じのがいいんだけど(年がバレバレですか?^^;)、なんだかイメージ違うしなぁ。
「さくらと一郎」というのもありましたが、これはToshiの案。
でも、Toshiも私も女の子の子の方の第一印象が「はな(こ)」なので、良い案が浮かばないときは「はな(こ)とたろ(う)」になりそうです。(^^;

犬舎が屋敷の奥の方にあるので、日当たりはどうなんだろう・・・と思っていましたが、一昨日Toshiが覗いてみたところ、陽だまりの中で2匹で気持ち良さそうに眠っていたそうです。
今週は比較的暖かな日が続いてましたが、来週半ばからは本格的な寒さがやってくるそうですね。それまでに、何かしら暖を取れるものを差し入れたいなぁ。


なにやら性別が逆だという話が・・・ なにぃ
もうイメージが固定しちゃったよー。

theme : 里親探し
genre : ペット

残された犬たち

ここ3~4日の間、Toshiと私は苦悩の中におりました。

Toshiの職場のケアマネージャーさんが担当されていた、一人暮らしのお年寄りが施設に入ることになり、空き家に15歳の中型雑種の老犬2頭(オス、メス)が残されることになったのです。
すぐ近くに住む親戚の方が、このお年寄りの世話をされていました。
犬好きのケアマネさんは、最後にこの2匹の今後の処遇を親戚の方に尋ねたところ、「エサがなくなったら、保健所へ」という答えでした。
慌てたケアマネさんは、もう少し待って欲しい、と頼んだそうです。
ケアマネさんは、先住犬のレトリバー(この子も保護した子)との相性さえ良ければ1匹なら引き取れるから、残る1匹を飼えないだろうか?とToshiに打診してきたそうです。
しかし、二つ返事で「引き取る」とは言えないのが辛いところ。

我が家は持ち家だし、庭には中型犬用の小屋を一つ置くスペースならギリギリ取れます。
問題は、どれだけのケアを必要とするか・・・・。
私もToshiも仕事で日中は留守、私は帰宅が9時前後です。どうしても、日中は家にいる家族の手を煩わせることになります。
Toshiが実際に会いに行ってみたら、ものすごく臆病な子たちでした。オスの方は、近づくと怯えて唸りながら歯を見せます。元々、人に対してこうなのか、飼い主がいなくなって不安が嵩じているだけなのか、それは分かりません。(親戚の方もオスの方が噛もうとするから近くに寄れない、と言っていたそうですが・・・)
こういう子を、「ハイよろしく」と家族に預けていくのは、どう考えても無責任です。
排泄の問題。この子たちは、散歩に連れて行かれたことがないようで、排泄は小屋の周りで済ませます。散歩をすることで、その習慣を変えられるかどうか?そもそも、散歩に連れ出すことができるかどうか?
オスの方はよく吠えます。我が家の隣は入院施設もある病院なので、それもご法度・・・。

排泄・吠え癖は工夫をすればどうにかなるかもしれません。
でも、それ以前に人に慣れさせなければ・・・・。
もう少し今の家に置いてもらえるのなら(持ち家なので、すぐに立ち退きをする必要はないはず)、地道に通って慣らせないものか?

「やっぱり無理だ」「でもどうにかならないか?」という思いが堂々巡りするばかり。

今日の午後、ケアマネさんは相性を見るために自分の犬を連れて、そのお宅を訪問することになっていました。
そして、残る1匹をその親戚で看てもらえないかどうか、お願いすると言っていました。
Toshiもこの親戚の方を知っていて、決して話の分からない人ではないから望みはある、と言っていましたが、ケアマネさんが一匹を連れて帰り、一匹だけが残された図を想像したらたまらなくなり、今朝、早起きして私も犬たちに会いに行ってきました。

オスの方は、先日Toshiが見に行ったときよりも、怯えかたが激しかったようです。メスの方は、怯えながらも尻尾を軽く振っています。
メスはオスの様子を窺って、出方を見ているような感じでした。一方、オスはメスを守ろうとして我々を威嚇しているようにも見えました。
これは、時間をかければ慣れてくれるのではないか・・・という感触がありました。
もし、この家にこのまま置いてもらえるのなら、こうして毎朝エサをあげに通うことにしよう、と決めました。
早速、ジャーキーを数本ずつ置いてきました。「いい人」印象付け作戦です。
人に慣れることができたら、里親になってくれる人を探すこともできるかもしれません。

そして午後、ケアマネさんからToshiにメールが来ました。
お見合いは失敗。ワンコ同士はニオイを嗅ぎ合って、第一印象は悪くないようだったのですが、やはり「人」がダメなのだそうです。
しかし、親戚の方にもケアマネさんの熱意が伝わったのでしょう。私たちが通いで世話をするという提案をすると、親戚の方が「だったら、エサをあげるくらいなら今までどおりしてあげるよ」と言ってくれたのだそうです。

別に、犬の世話が面倒で「処分する」といった訳ではなかったのだと思います。(だって、この家でも犬を飼っているのだそうですから!)
なにぶん田舎のことなので、動物に対する考え方が旧式というか・・・今どきの「家族」という感覚ではないのでしょうね。飼い主がいなくなったのだから処分、という単純な発想だったのだと思います。

今朝、犬たちに会ってみて、15年間一緒に過ごしてきた2匹をここで引き離すのがいいのかどうか?という思いもありました。
とりあえず現状が維持されることになり、ホッと力が抜けていますが・・・ 飼い主がいなくて心細いのは変わらないでしょうね。
許可が得られれば、時々通って少しでも世話をしてやりたいところですが、親戚の方は預かっている家に他人を出入りさせるのは抵抗があるかな・・・。

theme : 犬との生活
genre : ペット

ドッグ・カフェデビュー(?)

この連休は、例によってToshiと実家の留守番に行きました。
(うちの両親は「歩けるうちに旅行しまくる」と言って、自分たちの予定を最優先させるもので。ーー;)

日曜日は姉の友人TMちゃんとご主人、お姉さん母子、姉一家、姪っ子の友達MKちゃん、Toshi・私の人間11人+犬3匹で芋煮会。
これはまた別に記事にするとして、昨日の文化の日は1日リュウとペットショップめぐりをしました。
ペットバギー・デカ↓の実物が見てみたかったのです。

4ヶ所のペットショップを回りましたが、どこもかこも小型犬向けのものしかありません。
すでに、近所のショップは7軒ほど回りましたがどこにもありませんでした。
サイズが合わなかったときに簡単に返品できないような、こういう大型商品はぜひ展示して欲しいんだけどな~。

その中の一軒にペットカフェが併設されていたので、我々もそこで食事をしてみましょう、ということになりました。
リュウ、勇んで店内へ入ってみたはいいのですが、私たちがドカッと椅子に腰を下ろしてしまったら、お店を出たくて仕方なくなってしまいました。
SA380247.jpg
この冴えない表情・・・(爆)
敷物があれば座るのでは?とマットを持ち込んでみましたが、とうとう最後まで仁王立ち。
リュウにもワンコメニューから1品頼んであげたのですが・・・
「トマト風味の鶏肉とパスタ」(←名前はいい加減)
SA380248.jpg
これも全然口をつけず。水すら飲みません。
お肉が入ってるほうが喜ぶかと思ったのですが、バジルの香りが嫌だったかな?むしろケーキ系の方がよかったかも。
元々、家の外ではあまり食べ物を食べないリュウです。家に帰ってリラックスしたら食べてくれるかもしれん・・・と持っていたビニールにコッソリ詰めて持ち帰りました。(全部残したらお店の人に悪いし・・・)
結局、家でも食べませんでしたけどねぇ(TーT)
おそらく、これが最初で最後のドッグカフェになるでしょう。

ちなみに我々の昼食はこれでした。
SA380249.jpg
「煮込みハンバーグ」と「スープ・チャーハン」

theme : ■MIX犬■
genre : ペット

迷い犬の飼い主さん探しています[静岡県浜松市]

サークル・マムさんのブログより転載
お心当たりのある方は、至急サークル・マムさんのブログの右側にあるメールフォームよりご連絡ください。


【10/30 続報】
預かって下さる方が見つかりました。
引き続き飼い主さんを探しています。
詳しくはサークル・マムさんのブログをご覧下さい。
ラッピーママさんと預かりさんに大拍手!!


081028-21.jpg

inu.jpg

10月24日に北区三幸町にて捕獲された白地に茶色のMIX犬
雄、黄色の首輪(フック付き)精巣腫瘍有
目が見えないようで、恐怖の為に噛みます


10月30日に処分の犬ですが、留置期限を11月4日まで延ばしてもらいました
フックが付いているため、チェーンをちぎってしまい、迷っていた可能性があります

皆様、飼い主探しにご協力していただけないでしょうか?
【飼い主が名乗り出た、鈴音(ごん)君の幸運を、このワンコにも・・・・・。】

または、目が見えず噛んでしまう事を承知で(無理を承知で・・・・)預かってくださる方も
探しています

11月4日・・・・期限が迫っています、皆様どうかブログ掲載等、ご協力ください。


北区三幸町・三方原町・根洗町などの方、この画像を、プリントして張り出して下さいませんか。

ご近所で見たことは有りませんか?。小屋が空になっているお宅は有ませんか?。
小屋にクサリだけ残っているお宅はありませんか??。
ご存じの方は、保健所、またはこちらのメールフォームへお願いいたします。

日にちがありません、ご協力をお願い致します。是非・是非・お願い致します。

theme : 静岡県
genre : 地域情報

プロフィール

rapico

Author:rapico
【登場人物】
らぴこ=私。犬と馬と通販とブラジル(?)と酢イカが好き。
Toshi=夫。犬と馬とスポーツ観戦と「水曜どうでしょう」が好き。
リュウ=実家の犬。16歳♂。気のいいじいちゃん。耳が遠くなって平穏な毎日。(2010年2月8日永眠)
マリン=姉の家の犬。7歳♀。思慮深く、かつワイルド。リュウを慕う。
チャッピー=姉の家のお預かり犬。月1で登場。見た目仔犬も老犬15歳。(2011年2月3日永眠)
ぷっちー=本名:チャコ。飼い主さん不在の家で相棒ブッチーと二人暮らし。食いしん坊で高速回転が特技の推定14歳のおばあちゃん。(2011年4月15日永眠)
ブッチー=本名:ポチ。2000年生まれ♂。ぷっちーの弟分。本能のままに生きるが、意外と物分りのよい一面も。好奇心旺盛な甘えん坊。(2013年1月8日永眠)
クリーム=今は亡きリュウの母親。リュウとは2つ違い。2005年3月15日永眠)

≪意味不明のコメント・トラックバックは断りなく削除します!≫

CalendArchive

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

らぴこのおススメ

【手作り鑑札ケース】

首輪に付けるポケット式の鑑札ケース。メモを入れてもいいね! 売上げは不幸な犬たちの保護活動に活かされるよ。

【おススメ犬具】
177.gif (4447 バイト)
可愛い犬グッズと手作りカラー&リードのお店。カラー&リードの使い心地はバツグンだよ!

【毎日のお散歩におススメ!】
「ワンダフン」 中・小型犬用
ウンチが緩いときも楽々お片付け☆トイレットペーパーをセットしておけばそのままトイレにも流せちゃう

【お出かけ先でのおトイレに♪】
わんちゃんトイレッシュ[15枚入]
ポリ袋ごと流せるので、お出かけ先の公衆トイレにポイ!もうウンチのお土産はいらないよ

東日本大震災被災動物支援

福島原発避難地域の動物支援
がんばっペット
飼い主さんと離れ離れになって保護されている犬猫たちの情報が写真入りでまとめてあります!

捜しています!!

迷い犬を捜しています。 「この犬は!」と思われた方は写真をクリックしてください
ぷーちゃん

ラッキーくん

23/4/30 愛知県田原市蔵王山で失踪
ミニチュアダックス/♀/赤い首輪の裏側に連絡先

20/9月頃 浜松市西区馬郡町より失踪
ハチ

20/9/6 浜松市南区若林町より失踪
はな

20/7/12 浜松市西区馬郡町より失踪
ロン

お知らせ

↑click

里親募集中!

!お願い!
ペットショップへ行く前に、ぜひ保護施設やボランティアから迎え入れることを検討してみてください。優しい家族を待っている子達が沢山います。


仙台市を中心に活動中のボランティア



里親募集情報・全国版
(マリンとの縁結びをしてくれたサイトです)

天気予報

QRコード

QRコード

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。