スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Google アニマルファインダー

Google の 東日本大震災で迷子になった動物の情報検索システムです。
迷子の動物の消息情報登録も行えます。



スポンサーサイト

福島原発立ち入り禁止区域内の動物たちを助けよう・2

福島原発の問題で、現地に残され保護された犬猫の情報を集めて紹介されているサイトです。

§がんばっペット§ ~東日本大震災福島保護犬猫~

インターネットで犬猫の検索が出来ない避難者の方のために、ポスターも作られています。
避難されている方々は日本各地にいらっしゃいます。あなたのそばにもいらっしゃるかもしれません。
ぜひ、ポスターを掲示して呼びかけにご協力ください。

ポスターはこちらから↓
『ネットを使えない避難している飼い主さん向けポスター』



「犬と猫などペットの保護、警戒区域で始まる」 読売オンライン

NEWS23(TBS)


保護活動頑張って!!




雪ノ下さんのブログ「わんこを救おう!」で、福島原発問題による立ち入り禁止区域内の動物救済についての呼び掛けがなされています。
ぜひご覧いただき、賛同していただいた方は政党・メディア各方面への呼び掛けにご参加ください!

記事はこちら↓から
【震災】呼びかけ2

theme : 伝えたいこと
genre : 日記

「かっちゃん基金」にご協力をお願いします

2011年4月28日 午後11時44分 かっちゃんは天に召されました。

手術を経て、イリアンママさんの懸命の看護を受けながら病気と闘ってきました。
小さな体でよく頑張りました。
かっちゃんのご冥福をこころよりお祈りします。

基金にご協力いただいた皆さま、かっちゃんの回復を祈っていてくださっていた皆さま、本当に有難うございました。

かっちゃんのこれまでの頑張りは
サークルマムの活動日誌
サークルマムの活動日誌・2
の検索窓から「かっちゃん」で検索してみてください。



(2008年8月2日の記事です)

パグの勝ちゃんは、現在生後9ヶ月です。
未熟児で生まれ、肝臓に疾患があり、成長が遅れています。お薬も飲んでいます。
昨日、具合が悪くなり病院へ。下された診断名は「門脈シャント」による肝性脳症でした。

通常、消化管から吸収された栄養・毒素・細菌などは、門脈を通って肝臓へ送られ、肝臓で代謝・解毒を受けますが、この病気は門脈に生まれつきバイパスが出来ているため、それらが肝臓を介さないで全身の静脈系に流れてしまいます。
それによって、神経症状・消化器症状・泌尿器科症状が引き起こされます。(肝性脳症はアンモニアが身体に回ってしまうために起こる神経症状)

バイパスを閉じる手術で完治する場合がありますが、シャントの状態で治療法は様々なようです。

今後の治療には多額のお金がかかることが予想されるため、サークル・マム内に「かっちゃん基金」が設置されました。
金額は問いませんので、どうぞご協力をお願いいたします。

[郵便振込口座]
00890-6-119667
支援の会・マム


お振込の際は、「かっちゃん」と明記してください。

勝ちゃんの様子は今後、サークル・マムさんのブログで報告されます。

これまでの勝ちゃんの記事
「ツーショット」 http://imam.blog16.fc2.com/blog-entry-3580.html
「勝ちゃんUP」 http://imam.blog16.fc2.com/blog-entry-3586.html
「かっちゃん基金新設」 http://imam.blog16.fc2.com/blog-entry-3870.html

theme : 犬。それもパグ犬。
genre : ペット

被災犬譲渡会(仙台市動物管理センター)

4/23に行われた、仙台市動物管理センターの被災犬譲渡会では、19頭の犬に74組168名が応募したそうです。(210名参加、とも)

河北新報 http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110424t13006.htm

読売オンライン http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110424-OYT1T00209.htm

次回は5月中旬を予定しているとか。

以前から、動物管理センターが保護犬ネコの譲渡を行っていたことを、この機会に知る人も少なくないと思います。
被災犬に限らず、今後もずっと、人に捨てられた犬猫たちのことを心に留めて、引き取ってくれる方が後を絶たないことを祈ります。



今週の土曜日(23日)午後1時から、
仙台市動物管理センターで1ヶ月間保護して、その間飼い主が見つからなかった被災犬の譲渡会を行うそうです。
希望される方は、事前に電話かFAXでご本人の申し込みが必要です。(代理不可)
譲渡後、元の飼い主が現れた場合は速やかにお返ししなければなりません。

詳しくは、こちら↓をご覧下さい。
http://www.city.sendai.jp/shizen/dobutsu/pet/1135.html


朝の情報番組の地元コーナー(「ウォッチン!みやぎ」だったかな?)で、管理センターで保護されている動物が紹介されていました。
私はたまたま姉の家のTVで見たのですが、毎日チェックしていた姉曰く、6頭紹介してそのうち4頭の飼い主さんが名乗り出たそうです。
あのコーナーはまだ続いているのかな。

theme : ■MIX犬■
genre : ペット

お墓参り








ぷっちーのお墓参りに行ってきました。

天気もいいし、ブッチーも連れて行きたかったのですが、車に乗り込む時にドアに鼻をぶつけて気分を害してしまって乗車拒否。(>_<)
連れて行くのは諦めました。(たぶん一週間もすれば忘れるでしょ。^^;)

供養塔には他の家族も来ていました。お線香も花もあふれんばかり。誰かがいつも入れ替わり立ち替わりお供えしてくれているのでしょうね。

周囲は野球場があったり、プールがあったり、公園があったり、広々としていて環境抜群です。
ぷっちーの命日の4月15日は毎年桜が満開の時季なので、来年からはここでお花見しながら供養したいです。

theme : ■MIX犬■
genre : ペット

東北関東大震災におけるペット救済について

【被災ペットの総合的な情報】が掲載されています。

仙台市被災動物救護対策臨時本部を設置しました
こちらをごらんください。
http://www.city.sendai.jp/report/2010/1197925_1412.html


●財団法人日本動物愛護協会 ●社団法人日本動物福祉協会 ●公益社団法人日本愛玩動物協会 ●社団法人日本獣医師会 の4団体が構成している「緊急災害時動物救援本部」のサイトです。

緊急災害時動物救援本部
http://www.jpc.or.jp/saigai/


●仙台のNPO法人エーキューブさんのブログ
エーキューブ東日本大震災支援ブログ
http://a-cube-sendai.sblo.jp/

●迷子情報・保護情報、救援情報

東北地震犬猫レスキュー.com


●被災動物に関する総合的な情報がまとめられています
【save pet】さん
http://ilove.cat/ja/2379

◆迷子になってしまったペットをお探しの方、迷子を保護された方、ペットを連れて避難されている方、是非ご覧下さい。

宮城県動物愛護センター(仙台市以外の市町村)
http://www.pref.miyagi.jp/doubutuaigo/

仙台市動物管理センター(仙台市内)
http://www.city.sendai.jp/shizen/dobutsu/pet/index.html

被災動物情報のブログ
http://ameblo.jp/japandisasteranimals/

福のボンボン日記
http://ameblo.jp/hirasaya/
※仙台市動物管理センターでボランティア活動をされているひらさやさんが、獣医師の許可を得て保護されている動物たちを紹介してくださっています。


◆被災ペットへのサービス

byoin.jpg

syanpu.jpg

moblog_2c6948fd_20110326094806.jpg








【ペットショップの営業情報】(3/26)

110321_0823~01


●ペットエコの営業状況(http://www.yoneyama-pt.co.jp/peteco/
(営業)
・中山店
・松森店
  ※営業時間については、停電・地震などにより不定となっております。
   営業時間中でも、停電・地震が発生した場合には緊急閉店する場合がございます。
   ご来店前に事前に各店舗にご確認頂けますようお願い申し上げます。
  ※名取店は震災による被害が大きいようです。(Toshiが確認)




(財)日本動物愛護協会が被災したペットのためペットフードの供給に動いてくださるようです。

http://jspca.or.jp/cgi-bin/jspca/news_disp.cgi?54

上記URLのインフォメーションページをご覧ください。
被災地において、フードやペットグッズの入手が困難な場合、ぜひ上記ページの連絡先へお問い合わせ下さい。




ポチたまの松本秀樹さんのブログでもペット救済情報をたくさんまとめてくださっていました。

http://ameblo.jp/macha-daichi/




サークルマムさんがブログで、震災動物救済への呼び掛け、及び ペットにおける災害への備えについて詳しく載せてくださっています。
災害が起こる前に準備しておきたいことは必見です。どうぞご覧下さい。

 震災動物救済活動

 湖西市役所に・・・




他にも何か情報がございましたら、お知らせ頂けると嬉しいです。
また、ご自身のホームページやブログでもご紹介頂けると幸いです。

津波の怖さを・・・

ネットの動画サイトで、今回の大津波の映像を見ました。
NHKがリアルタイムで津波の第一波の様子を放映していたと後で知って、少なからず衝撃を受けました。

すぐ数キロ先の出来事なのに、地震後すぐに停電になってしまった現地の者の多くはその映像を見ることができませんでした。
4日後の深夜に電力が復旧してからTVで各地の津波の様子を見ましたが、ほどなくニュースの中心は福島第一原発の話題に移っていき、津波が一体どんな力で町を丸ごと呑み込んでしまったのかが、いまひとつ理解できないままでいました。
私たちの前に残されている「結果」を見ただけでは、津波の恐ろしさは理解できないと思いました。

上空から捉えた津波は、見覚えのある、犬たちと遊んだ砂浜や、散歩を楽しんだ堤防を、子供の頃から怖かった背の高い松並木を、一瞬にして呑み込んでいきます。
よく、犬たちを連れて遊びに行く名取川が、猛烈な勢いで、流れ込んだ瓦礫を海に押し戻しています。
瓦礫の海がなお勢いを増し、全てを呑み込み、逃げ惑う車を襲う様子に胸が悪くなりました。
津波は、まるで意思を持った生き物のようでした。

震災後一度だけ、沿岸部を走る、俗に言う「浜街道」の一部を車で走りました。
街道沿いに家が残っていて、「この辺りは家が残っている・・・良かった」と思ったら、その家の1階部分は壁がなく、素通しになっていました。
浜街道の西側、海から3kmほどの所に広がる田んぼにも車が数台突き刺さっていました。
浜から離れるにつれて瓦礫が少なくなり、ホッとするも、まだ、なぜここに?という場所に車が転がっています。
この場所に至ってもまだ津波には車を押し流す力があったのか・・・と愕然としましたが、映像を見てそれも納得できました。

浜街道と国道4号線の間を平行して走る、自動車専用の東部道路が堤防になって、波はそこで止まったと言われます。
この東部道路がなかったら、恐らく実家のある町にも水は届いていたと思います。


3月11日のまさにその時、店の柱にしがみつきながら、かねてから言われてきた「宮城県沖地震」がついに来た、と思いました。揺れが収まって外に出てみても、目の届く範囲で倒壊している建物はありません。阪神大震災の印象が強くあったので、倒壊がないだけ、犠牲者も少なくて済むのではないか、とホッとしました。
ただ、ラジオがしきりに、ただの「津波警報」ではなく、「大津波警報」を呼びかけているところに不気味さを感じましたが、まさかすぐ後にあんな悲劇が起ころうとは、夢にも思っていませんでした。

宮城は地震の多い地域です。
30年に1度は大地震に見舞われるのだから、防災意識を高く持て、と教え込まれてきましたが、沿岸部の方々は別としても、私は津波に対する警戒心はほとんどないに等しかったです。
津波と聞いても、想像力が働かなかったのです。

地震なんて、いつどこで起こるか分からない。
日付が違っていたら、時間帯が違っていたら、自分があの津波に飲み込まれていても全然おかしくなかったのですよね。

悪夢のような映像でも、地元の人間はこれを正視して、津波の恐ろしさを胸に刻まなければいけないと思いました。そうでなければ、また同じことを繰り返してしまうかもしれません。
それでは、亡くなった方々が浮かばれない。

theme : ひとりごと。
genre : 日記

ブッチーも最後のお別れ

親戚のWさんと相談し、ぷっちーは地元のペット斎場の共同供養塔に埋葬してもらうことにしました。
ぷっちーが幼い頃を一緒に過ごしたであろう先代ポチも、先代チャコも、みんなここに眠っていると思われます。
阿武隈川河川敷近くの、とても見晴らしのよい場所。
ここならブッチーと散歩をしながらお参りできます。

土曜日、Toshiが斎場に連れていく前にぷっちーをブッチーに対面させました。

DSCN2833.jpg

ブッチー、最初はダンボールが怖くて近寄れず。
段々と近寄って覗き込んでいたようですが、果たして状況が飲み込めたかな??


昨日の日曜日、小屋の整理をしに行きました。
冬バージョンの囲いを取り外し、毛布も1枚引き上げました。(・・・ら、今朝も明日も3月並の冷え込みで、また天井以外をスタイロフォームで囲む羽目に・・・)
ぷっちーの小屋も整理して、花を飾ってきました。

110417_1424~01

ぷっちーのように、控えめだけど可愛らしい色をしたガーベラです。
これだけじゃ寂しいから、ぷっちーの写真でも飾っちゃおうかな??

いつも周りをチョロチョロ走り回っていたぷっちーがいないと、小屋の周囲が広く感じられて、なおさらに寂しさが増します。
いつかこの広さにも慣れていくのでしょうか。

10日前まではここで走り回っていたのに。

リュウやクリームを送ったときは、ある程度心の準備ができていたけれど、ぷっちーのことは全然覚悟ができていなかっただけに余計にキツイです。
毎朝毎晩、通っていたToshiはなおさらじゃないかな。

theme : ■MIX犬■
genre : ペット

ぷっちー、星になりました

今日のお昼前、ぷっちーの面会に向かう車の中で、病院からぷっちーの急変を伝えるお電話をいただきました。
渋滞する道路を恨めしく思いながら病院に飛び込むと、ぷっちーは人工呼吸器をつけて、心臓マッサージを受けていました。
吐血して、急に容態が悪くなったのだそうです。
昨日は点滴治療の甲斐あって、フードを食べるまでになっていたとのこと。
肺梗塞でしょう、と。

人工呼吸器を一瞬外すと、呼吸は直ちに止まってしまいます。
心臓マッサージをやめると、心電図は平に。

それでもなお、少しの間マッサージを続けてくださいましたが、回復の見込みのないのは明らかです。

もっと早くに診察を受けて脱水状態を脱していたら、こうはならなかったかのかもしれません。

先生は、年齢からいっても仕方がなかったかもしれない、先のてんかん発作だって、すでに脳に異変が起こっていたからかもしれない、と慰めてくださいました。


ぷっちーを、もう一度自分の家に帰してあげたかった。
きっと良くなって、帰れると思ってたのに。
私が甘かった。

ぷっちー、ごめんね。



theme : ■MIX犬■
genre : ペット

ブッチー久々のロング散歩

Toshiが半勤なので、今日は久々にブッチーを長い散歩に連れ出したそうです。

ご満悦。
110414_1437~02

季節感など味わう余裕もないままに毎日を過ごしていましたが、他の写真ではブッチーの足元の花が満開です。
宮城の桜も開花し始めたそうです。
さすがに花見をする気分にはなれませんが、花の色が少しでも気持ちを明るくしてくれるといいな。


ぷっちーの病院は木曜日は休診日で、面会もお休みでした。
Toshiとブッチーで病院の前まで行って、ぷっちーにブッチーの(キンキン)声を聞かせてあげたら?と提案しましたが、他の患者さんたちの具合が悪くなると困るので(^^;提案を取り下げました。

明日、様子を見にいってきます。

ちなみに、ぷっちーは今回からリュウのかかりつけだったK先生に診ていただいています。

theme : ■MIX犬■
genre : ペット

福島原発立ち入り禁止区域内の動物たちを助けよう・1

『犬猫救済の輪』さんのブログ 【動物愛護活動ドキュメンタリー】より転載させていただきます 




緊急のお願い・転載歓迎

取り残されているペットを助けよう!
首相官邸にメールで呼びかけています。ご協力ください。


近いうちに20キロ圏外にも避難指示が出そうです。
立ち入り禁止区域に犬猫を残して避難している住民の皆様の心痛は極限に達しています。
取り残されている犬猫達を救うため、当会では首相官邸に次のようなメールをさせていただきました。
人間のことも先の見えない状況で、動物のことをお願いすることにお叱りを受けることも覚悟しております。
家族同然に暮らしてきた命ある動物たちの救済にご理解をいただけましたら、首相官邸までメールで『立ち入り禁止区域のペット救助のお願い』をしていただけませんか。
(注意:非常時につき電話やファックスは迷惑になりますのでお控え下さい。以下のメールフォームからお願いします)
以下は当会が送信したメールです。
内容に賛同頂けましたら、全文、部分をコピーしてお使いいただいてもかまいません。




首相官邸ご意見募集
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

(当会送信のメールです)

東北関東大震災、立ち入り禁止区域に取り残されているペット至急救出のお願い

何よりも家族同然に暮らしてきたペットを置いて避難せざるを得なかった住民の苦悩に配慮していただくようお願いいたします。
飼い主さんの心痛は極限に達しています。海外からも心配の声が高まっています。

1)立ち入り禁止区域から救助された犬猫等のペットの一時預かり場所を用意して下さい。
保健所、愛護センター等は収容能力を超えています。
国内外の愛護団体やグループが救出を試みています。
こうした団体が救助したペットを即保護できる預かり場所を早急に用意して下さい。


2)飼い主への情報提供をお願いします。
 自分では救助に行けない飼い主や、ネット環境にない等情報を得にくい飼い主のために、救助を依頼できる愛護団体の周知をお願いします。
 避難所に団体リスト、連絡先を貼り出す等の措置をとって下さい。
 この区域で活動している団体については以下参照ください。
 
http://ameblo.jp/japandisasteranimals/theme-10035507087.html

3)飼い主自身が救出に行くための便宜を図って下さい
  屋内や敷地内のペット捜索は飼い主でなければ困難です。また、他人に怯え、飼い主でなければ捕まえることができないペットもいます。飼い主自身がを救出しに行けるよう短時間の帰宅や捜索を認め、便宜を図って下さい。  



--------------------------------------------------------------------------------


--------------------------------------------------------------------------------


不足物資
水を運ぶポリタンク 100円バケツ 洗面器 こねこ・成猫用ドライフード・ウエットレトルトお願い申し上げます。
ご協力いただけます方、下記、犬猫救済の輪宛にお送りください。
只今、非常に忙しくご支援物資をお送りくださいました皆様のお名前のご報告を致しておりません。少しの時間も直接命を救うために当てさせていただきたく、お詫び申し上げます。

日曜・月曜除く12時から17時 
受け入れ先住所 〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島4-23-13-1F
        TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛
--------------------------------------------------------------------------------


支援金のご協力を宜しくお願い申し上げます。
次回レスキューは、猫を中心に行います。
捕獲器30台を購入いたします。
(同時に、猫大レスキューに参加していただけます捕獲経験のおありの方を募集します。車を出していただけましたらなお助かります。ご支援金に恵まれました際には、ガソリン代高速代等ご援助させて頂きます)
振込先 郵便振替 口座番号    00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪  044-276-9388
横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪  044-276-9388

郵便振替は、通信欄に使途目的(例ー被災動物)と明記下さい。
尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的(ヒサイ)とご記入下さい。

--------------------------------------------------------------------------------

犬猫救済の輪TNR日本動物福祉病院は、小さな力ですが、
東北関東大地震による被災動物に手を差し伸べたいと思います。 



--------------------------------------------------------------------------------


被災地での動物と飼い主様・レスキューの皆様に大変有益な情報を発信して下さっています。

被災地動物情報のブログ
http://ameblo.jp/japandisasteranimals/

被災地迷子ペット探し掲示板
http://japananimals.bbs.fc2.com/

theme : 伝えたいこと
genre : 日記

ぷっちー入院

今日は病院の診察の日でした。
ぷっちーは相変わらず固形物は摂りません。犬用の牛乳を与えたら飲みました。
流動食ならきっと大丈夫じゃないかと思い、今日、病院で相談してa/d缶でも出してもらおうと思っていたのですが、脱水状態にあることと、食欲が戻らない(=脳の浮腫がまだとれていないのだろう、とのこと)こと、薬が十分に飲めていないことから、3日ほど入院して点滴で治療していただくことになりました。
このまま食べなければ命に関わるし、水分が十分に摂れていない状況ではまた血栓が生じる可能性が高いとのこと。
毎日点滴に通ってもいいよ、と言われたのですが・・・ 現在、自宅から店に通うのに(震災の影響の渋滞で)通常30分の道のりが1時間以上かかっていることからも、ぷっちーにだいぶ負担をかけていると思うので、思い切って病院に預けることにしました。

入院は想定していなかったので、胸にポッカリと大きな穴が開いたような心地です。
ぷっちーをまた慣れない環境に置いてしまう申し訳なさと、久々にワンコと24時間過ごす幸せを味わってしまったゆえの喪失感とで、思い切り凹んでいます。
いまは、ぷっちーが回復することを信じるのみです。

theme : ■MIX犬■
genre : ペット

少しずつ上向き



今日のぷっちー、気分が良さそうです。
表情がはっきりしていて、伏せて頭を上げる姿勢がしっかりしています。声をかけると反応してこちらを見ます。
一昨日から眼振もなくなりました。
さっき、温めたほぐし鶏肉に食いつきました。少しは食べたようですが、食べにくそうなので、流動食かペースト食を試してみようと思います。
少し食欲が戻ってきたかな?

昨日夕方の福島の大きな地震以降、余震が立て続けに起こっています。
さすがのブッチーも昨日の夕方は起きていたとか。
こんなとき、そばに誰かがいてくれるのは安心です。ご親戚のMさんのお嫁さんはToshiが訪問した気配に、ぷっちーの様態を聞きにわざわざ外に出てきてくれたとのこと。

ブッチーは毎日、ぷっちーが残した缶詰や鶏肉をもらって超ご機嫌です。

今日のぷっちー

ぷっちー、相変わらず食欲がありません。
水は自分で飲んで、オシッコも出ています。
昨日は、一日Toshiが自宅でぷっちーを看ていてくれました(私は仕事で留守)。
昼間、やっと、ジャーキーを2本食べたとのこと。
夜、薬をジャーキーに差してあげたら、1個(利尿剤)だけ食べて、後は見向きもしませんでした。

今朝はマムさんから差し入れていただいたほぐし蒸し鶏を出してあげると、すごい食い付きを見せたのですが、咥えた蒸し鶏をばら撒いてそれきり。(T△T)
後は砂掛けのマネをして寝てしまいました。

薬は水に溶かして、スポイトで強制的に飲ませました。
ステロイドで食欲が出てくることを願います。

食欲が出てくれば投薬も楽になるし、元気も出てくるでしょうから、住み慣れた自分の家に戻してみることもできるのですが・・・。現状ではまだ目の届くところに置いておかなければ心配です。
まずは薬だけでもしっかり飲ませなくちゃ。

theme : ■MIX犬■
genre : ペット

今朝のぷっちー


ぷっちー相変わらず水は自分で飲むんだけれど、食欲がありません。薬も飲めてない(>_<)。口に入れても出してよこします。
h/dの缶詰もいつも食べてるカリカリも、いつも薬をつめてるわんこパンも見向きもせず。大好きな紗だけはくわえはするものの、食べずにポロリ。まだ時々眼振があるところを見ると、気持ちが悪いのだと思います。

薬は
エースワーカー(心臓保護作用のある降圧剤)
ラシックス(利尿剤)
プレドニゾロン(ステロイド…脳の炎症止めるため)
ネオフィリン(強心剤)

Toshiはいま、ブッチーの散歩へ行ってます。昨日午後に行ったときは小屋の中で熟睡していて、いくら声をかけても一向に目覚めず、繋留ワイヤーを引っ張って起こしたそうな(-.-;)。ぷっちー不在で少しは心細い思いをしているかと思えば…。こんなに警戒心のない犬ってのも珍しいんじゃないかしら。
それでもブッチーのストレスが溜まらないように十分に手をかけてやらなきゃいけませんね。

ぷっちー今


店の倉庫で寝ています。ひんやりしているのがいいのか、床の上に移動しました。
自力で立つことはできますが、ヨロヨロしていて歩けません。
病院で打って貰った注射が効いたようで、眼振は治まりました。
水は飲みたがりますが、食欲はなし。処方食h/dの缶詰を開けると鼻で土をかける仕草をしていて、今は食べたくない様子。
いずれにしても自力での飲食は難しいようです。
オシッコは立ち上がり、しゃがんでできました。

前庭付近の梗塞

眼振が見られので、前庭付近に梗塞ができたのだろう、との診断です。
心電図では不整脈が見られ、血栓のできやすい状態だそうです。虚血の傾向もあり。フィラリアは陰性になっていましたが、その後遺症とも考えられる心疾患。内臓系の数値は問題ありません。
心臓の治療に準じ、気温差とストレスのない環境で、水分を十分にとらせるように指導されました。
さて、これからどうしようか…。

ぷっちーに異変

今朝のぷっちー、頭がふらつき歩くことができません。
昨日の朝も少し怯えている様子があったそうで、一昨日の地震のショックが引き金になったのではないかと思います。
今、病院で診察待ちです。

またもや

地震→停電ですが、とりあえず無事です。



また振り出しに戻るのか!?とガックリきましたが、朝方、電力は復旧しました。
ほっとしたのもつかの間、今度は水が出ない・・・
水道の復旧にはちょっと時間がかかりそうな気配。

揺れは大きかったものの揺れていた時間が本震よりもかなり短かったので、その分被害は少なかったです。(我が家比)
ただ、前回の本震で傷んでいたところが今回の余震で決定的に壊れてしまったり、というのも結構あるみたい。
最大震度を記録した栗原のお友達のお店は、3・11のときよりも状況が酷いと言ってました。この地区はいつも決まって震度が一番大きいのです(><)。

余震には慣れっこになっていましたが、さすがに震度6は強烈です。身の危険を感じます。
とりあえず大きな津波がなくて良かった・・・。

ぷちブチも変わりない、とToshiから連絡があって安心しました。

少しばかり

被災犬のために活動してくださっている地元のボランティア・エーキューブさん宛てに少しばかりフードを送りました。
まずは地元でのフードが不足していないかが心配で、他の地域からネットで購入して送ってもらおうかと思いましたが、地元のお店で十分に商品があるのなら地元で買った方が(復興の一旦として)いい、というToshiの提案で、まずは近くのホームセンターをチェック。

1週間前に訪れたときよりも、格段にお客さんが増えています。ペットコーナーは、というと棚は全て埋まっていて品薄感はありません。品物が入ってきているようなので、このお店で買うことに決定。

レトルトの総合食と小分け袋になっているオヤツをみかん箱1つ分くらい選びました。
ぷちブチのために毎月積立しているお金で買ったので、送り主はぷっちーとブッチーです。

県南の他のホームセンターも回ってみましたが、どこも品数豊富でした。
衣装ケースなどを買う人が目に付きましたが、一時避難してこられた被災者の方々でしょうか。
仮の住まいでも、私たちの町ですこしでも心地よい生活を送っていただけるよう願っています。


津波の被災地や、原発問題の地域を放浪している犬が新聞やTV、ネットで報道されてますね。
保護されているのはごく一部なのでしょう。どうにかしてあげたい・・・歯がゆいおもいです。

theme : ■MIX犬■
genre : ペット

ブッチーがやってもーた|||orz|||

タイトルの通り、
ブッチーが早速やってしまいました。
自分を撫でてくれていた息子さん(私たちと同年代)をガブッ!(傷は大したことないようでしたが・・・大丈夫だろうか)

どうしよ~~~ 

最初、大人しく撫でさせていたのが、途中で顔つきが変わったのが分かったそうです。
何が気に入らなかったんだろう・・・。
男の人を警戒する傾向があるんじゃないか?とToshiは言っています。

最初から威嚇するとか、避けるとかするのならいいのに、ブッチーは油断させておいて、急に口を出してくるから困るんです。

息子さんは「鼻の近くを触ったからかなぁ」と、怒るどころか反省されていて、却って申し訳ない気持ちでいっぱいです。

お孫さんには「急に噛むことがあるから気をつけて」とToshiが注意をしていたのですが、昨日ご家族にお会いしたときに詳しく注意事項をお話ししようと思っていた矢先でした。


ぷっちーもブッチーもやはり少し緊張気味です。
ぷっちーはすぐに小屋に入ろうとするし、ブッチーは息子さんが出てきたら、少し興奮気味に・・・。

まだ2日くらいしか経っていないので、無理もないと思います。
私たちは触れるようになるまで1ヶ月以上かかったのだし、いまだに噛まれることがあるんですから・・・

もうこんなことが起こらないよう祈るばかりです。
ご家族は少しぷちブチに距離をおくと思うので、その点では安心かもしれませんが・・・。

どうか双方のストレスが高まりませんように!!

theme : ■MIX犬■
genre : ペット

ぷちブチレポート

震災後のぷちブチです。

散歩コースのあぜ道は地割れで無残な姿に。
DSCN2144.jpg

ぷちブチがスッポリ入ってしまいそうな穴も開いてます。
DSCN2146.jpg

それでも、何事もないように歩く彼ら。(^^;
DSCN2208.jpg
少しはビックリするのかな?と思ったのに、拍子抜け!

地震の際、一番の心配は裏山が崩れること。
DSCN2245.jpg
幸い被害はありませんでした。落石も無かった様子。

ぷっちーは庭を巡回し、被害状況を確認。
DSCN2286.jpg


ブッチーの意外な一面。
どうして隠れているかといえば、Toshiが自転車で庭に乗りつけるのが怖いらしい。
DSCN2386.jpg
ブッチーは不安なときや、怖い思いをしたときは必ずここに隠れて、ぷっちーの様子を窺います。
普段は傍若無人な振る舞いをしているくせに、いざというときはぷっちーが頼りなのです。
きっと子犬時代から変わらないのでしょう。

Toshiが自転車から降りるといつものブッチー。
DSCN2295.jpg

DSCN2514.jpg
ぷっちーは家の外では臆病なんだけどね。

こんな感じで、二人は元気でやってます。
DSCN2596.jpg

theme : ■MIX犬■
genre : ペット

雪洞の風景

5年前の3月、マリンを迎えるために茨城へ向かう途中で、初めてその風景を目にした。

宮城県南部の亘理町や山元町はイチゴの産地で、浜街道沿いにはイチゴ栽培のハウスが続く。
日没後の薄闇の中、ぼんやりと優しい明かりが灯ったハウスはまるで雪洞のようで、その雪洞が点在する幻想的な風景に思わず歓声を上げた。

いつかまた同じ時間帯に行って、あの風景を写真に収めたいと思いながら5年が経った。

そして津波はそのイチゴ農家をも襲った。
テレビ取材を受けたイチゴ農家の方は、もうイチゴは作れない、と言っていた。その足元には堆積した泥…。

当たり前にあったものがいかに尊いものであったかを、私はこれからもまだまだ思い知るのだと思う。

復興、再建。言葉でいうほど簡単な事ではないと思うが、そのために自分ができることは何だろう?たとえ小さな事でも見つけていかなくては。

PBその後

この前の記事にPBのご親戚が越して来たと書きましたが、それは私の早とちりで、まだ引っ越し準備段階だそうです。
なにしろ2年半近く空き家だった上に今回の地震ですから、入居前にいろいろと直す箇所があるのだとか。
今週に入って地域の水道が復旧したにも関わらず、PBの家は漏水が原因で水が使えませんでした。それも工事をしてやっと直してもらいました。この間、毎日自転車に水を積んで(ガソリン節約のため自転車通勤続行中)運んでいたToshiに労いの拍手を送ります。お疲れ!

私はガソリン節約のため相変わらず実家暮らしで、週一程度しか自宅に戻っていません。
この前の日曜に2週間ぶりにPBに会いに行きました。が、ブッチーが畦道に落ちていた何者かのウンチに体をこすりつけ、私が知らずにそれに触って大騒ぎしたことを除けば、特に変わったことはありませんでした。(-.-;)

今度越してくるご親戚の自宅はToshiの勤務先へ行く途中の市街地にあり、万が一PBがそこに移ることになっても、通うことに支障はないことが分かって安心しました。周囲は畑地で、ブッチーが例のキンキン声騒いでも問題なさそうです。でたぶん移らなくて済むと思うのですが。

PBの町周辺は比較的物資に恵まれていて、ホームセンターも通常営業(時間は短縮?)。
並ばすに入れるし、フード類も豊富にあります。プレミアムフードは別として、PBが食べているアイムスなどは問題なく入手できました。
田舎だけに、ガソリンがなければ買いに行けない、という問題はありますが…。

いろいろな面で地域差はかなりあります。PBや私達はかなり恵まれています。




さきほど、Toshiから連絡がありました。
今日からご親戚が移ってこられたとのこと。
私たちと同年輩(少し上)の息子さんから、PBの世話を続けることに対してお礼を言われたそうです。
小学校高学年のお孫さん(女の子)はとても人懐こく、PBに対しても並々ならぬ関心を寄せていて、寝ている彼らの小屋に平気で入っていくほど。
PBの方は怯えるでもなく、特に関心を示すでもなく、といった感じらしいです(Toshiがそこにいれば、Toshiしか見ていない、という感じ)。
仲良くなってくれたら嬉しいのですが、PB側がどんな反応を示すかがちょっと心配です。
決して人に対して攻撃性を持った犬たちではないけれど、オヤツを目の当たりにしたときや、嫌なことを無理強いされたとき、触られたことのない部分を触られたりした場合、何かでパニックになったときは、かなりキケンな状態になるので、そこだけは重々注意してもらわなければ・・・。
ぷっちーは、オヤツと見るや平気でそれを持った手に食いついてくるし、ブッチーが噛むときは前触れナシ(原因は必ずあるのですが)。本能的に口が出る、という感じなので、どういうことを嫌がるか、嫌そうにしていたら絶対無理強いしない、ということを伝えなければいけませんね。
2年半近くつきあってもなお、推し量れない部分があるので・・・。

theme : ■MIX犬■
genre : ペット

プロフィール

rapico

Author:rapico
【登場人物】
らぴこ=私。犬と馬と通販とブラジル(?)と酢イカが好き。
Toshi=夫。犬と馬とスポーツ観戦と「水曜どうでしょう」が好き。
リュウ=実家の犬。16歳♂。気のいいじいちゃん。耳が遠くなって平穏な毎日。(2010年2月8日永眠)
マリン=姉の家の犬。7歳♀。思慮深く、かつワイルド。リュウを慕う。
チャッピー=姉の家のお預かり犬。月1で登場。見た目仔犬も老犬15歳。(2011年2月3日永眠)
ぷっちー=本名:チャコ。飼い主さん不在の家で相棒ブッチーと二人暮らし。食いしん坊で高速回転が特技の推定14歳のおばあちゃん。(2011年4月15日永眠)
ブッチー=本名:ポチ。2000年生まれ♂。ぷっちーの弟分。本能のままに生きるが、意外と物分りのよい一面も。好奇心旺盛な甘えん坊。(2013年1月8日永眠)
クリーム=今は亡きリュウの母親。リュウとは2つ違い。2005年3月15日永眠)

≪意味不明のコメント・トラックバックは断りなく削除します!≫

CalendArchive

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

らぴこのおススメ

【手作り鑑札ケース】

首輪に付けるポケット式の鑑札ケース。メモを入れてもいいね! 売上げは不幸な犬たちの保護活動に活かされるよ。

【おススメ犬具】
177.gif (4447 バイト)
可愛い犬グッズと手作りカラー&リードのお店。カラー&リードの使い心地はバツグンだよ!

【毎日のお散歩におススメ!】
「ワンダフン」 中・小型犬用
ウンチが緩いときも楽々お片付け☆トイレットペーパーをセットしておけばそのままトイレにも流せちゃう

【お出かけ先でのおトイレに♪】
わんちゃんトイレッシュ[15枚入]
ポリ袋ごと流せるので、お出かけ先の公衆トイレにポイ!もうウンチのお土産はいらないよ

東日本大震災被災動物支援

福島原発避難地域の動物支援
がんばっペット
飼い主さんと離れ離れになって保護されている犬猫たちの情報が写真入りでまとめてあります!

捜しています!!

迷い犬を捜しています。 「この犬は!」と思われた方は写真をクリックしてください
ぷーちゃん

ラッキーくん

23/4/30 愛知県田原市蔵王山で失踪
ミニチュアダックス/♀/赤い首輪の裏側に連絡先

20/9月頃 浜松市西区馬郡町より失踪
ハチ

20/9/6 浜松市南区若林町より失踪
はな

20/7/12 浜松市西区馬郡町より失踪
ロン

お知らせ

↑click

里親募集中!

!お願い!
ペットショップへ行く前に、ぜひ保護施設やボランティアから迎え入れることを検討してみてください。優しい家族を待っている子達が沢山います。


仙台市を中心に活動中のボランティア



里親募集情報・全国版
(マリンとの縁結びをしてくれたサイトです)

天気予報

QRコード

QRコード

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。