スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懐かし・・・

本屋さんでたまたま見つけて買って読んだら・・・


うちの犬、知りませんか?うちの犬、知りませんか?
(2012/10/27)
たかぎ なおこ

商品詳細を見る


見事にハマリました。(笑)

ムクの描写が可笑しくて、可愛くて、それだけでも気に入ってしまったのですが
1980年半ば~2000年にかけての時代背景に懐かしさいっぱいになり、
老犬になったムクにうちの犬たちの晩年を重ね、
「わかる~~~」「そうだよねぇ・・・」と共感することしきりでした。

若い人には「え~~!?信じられない!」という部分もあるかと思いますが、アラフォー以上の皆様ならどこか懐かしい犬との物語だと思います。(^ー^)




2009.3.5
20090305b.jpg

20090305c.jpg

20090305d.jpg

20090305a.jpg



スポンサーサイト

theme : ■MIX犬■
genre : ペット

【新しい家族募集中】 Mダックスの男の子&女の子

チルさんのお宅で保護されている マロンちゃん(左)とリク君(右)です。



ともに9歳。 とても愛らしい子たちです。
現在、2頭とも治療を要する箇所があり、近々手術を予定しています。

これまでの経緯、健康状態については
「うみのおさんぽ♪ハッピーライフ」をご覧下さい♪

theme : ダックスフント大好き♪
genre : ペット

【新しい家族募集中】Mダックスの男の子(埼玉)

チルさんのお宅で保護されているミニくん(仮) 推定5歳 男の子 です!
ただ今、新しい家族を募集しています。(無料譲渡)

mini.jpg

約半年前、迷子として保護されました。
当時はマラセチアでひどい皮膚炎を起こしていましたが、治療を続けた結果、今は緩解して、こんなにピカピカです。

チルさんのブログ「うみのおさんぽ♪ハッピーライフ」をご覧いただくとわかりますが、他のワンコとも上手に挨拶ができる、とても良い子です。

もっとミニくんのことを知りたい方は、
「うみのおさんぽ♪ハッピーライフ」をご覧下さい♪
お問い合わせは、記事へのコメント欄(鍵コメント)でお願いいたします。

theme : ダックスフント大好き♪
genre : ペット

犬の表情よめますか?^^

こんな↓記事を見つけて、早速自分も試してみました。

犬の顔の表情を、人はどれほど理解できているのか:dog actually

犬の6つの基本感情(喜び、悲しみ、驚き、嫌悪、怒り、恐怖)に特に何も感情を示していない中立の表情を加えた写真を見て、どの表情に当てはまるかをテストしてみるものです。
(↑の記事の真ん中くらいに答えが出ているのでご注意!)

それぞれの感情につき、3枚ずつの写真が提示されているので、雰囲気がつかみ易いです。
写真は↓のページの中程にあります。
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0376635713000326


私の成績は50点くらいかな・・・? 結構難しかったです。(^^ゞ
モデル犬は結構表情豊かなんでしょうけれど、顔の毛色が暗くて判別しづらかったなぁ・・・ って負け惜しみ。(笑)

theme : わんことの生活
genre : ペット

イヌさがしの旅へ!

暖かい日が増えてきましたね~。
2年前の今頃は、お風呂に入ることもままならず、みんなが着た切り雀状態で過ごしていたことを思い出します。季節感なんて全くなくて、いつまでもダウンを着込んでたっけ。
今にして思えば何もかもがめちゃくちゃな日常でしたが、あまりにも大きな不幸が目の前に横たわっていて、小さなことにこだわってはいる人はいませんでした。
通勤時間が普段の3倍かかろうがイライラする車もなかったなぁ。毎朝走りながら、近くの駐屯地から海辺へ向かう全国各地の自衛隊の車両一台一台に心の中で頭を下げていました。
当時の、生きていられることへの感謝や、手を差し伸べてくれる人々への感謝の気持ちをいつまでも忘れてはいけませんね。

暖かくなったら、自転車を買っていろんなところを走り回りたいと思っていました。
車では入りにくい細い道の奥とか、山間の道とか、普段から「この先はどうなんてるんだろう??」と興味引かれる道がいっぱいあるのです。
それと、車で走っていると見逃してしまうような犬を、自転車だとたくさん見つけることができる、というToshiの証言。ブッチーたちの町は外飼いの中型~大型犬が多くて、震災後に自転車通勤をしていたToshiがカウントした犬の数は最高100匹でした!(一日にですよ!)
これはもう走るしかないでしょ!!

体力に自信があるほうではないので、どこまでも自転車で・・・というわけにもいかず、折り畳みの自転車を車に積んで出かける予定です。
Toshiは昨日、目をつけていた自転車を予約してきました。
私も早く買おう!




20090219b.jpg
この頃よく、散歩帰りの二匹を繋いでいた木(写真上部に隠れている)は、その後根元からポッキリ折れてしまいました。ぷちブチのパワー恐るべし。(^^;

20090219a.jpg


2009年2月末の風景。
この冬は暖かったのを覚えてます。
20090228a.jpg

こんな、ふつうの散歩がとっても楽しかった。
20090228b.jpg

theme : ■MIX犬■
genre : ペット

2年前の3月11日に

2年前の今頃、薄暗くなってきた店内の片づけを諦め、家路につこうと4号線を南下していました。
ほんの2キロ先で起こっている悲劇を全く知らずに、倒壊している家屋がほとんどないことに安堵すらしていました。

カーラジオでは「大津波警報」と避難を繰り返し呼びかけ、「○○に何メートルの津波が到達した」という内容を告げていました。
でも、それがどんな甚大な被害をもたらしたかについて、ラジオではこの時点で報道されていなかったように思います。(TVではリアルタイムで放映していましたが・・・)

車のヘッドライトとテールライト以外には灯りがまったくない中を徒歩で帰宅する人々。延々と続く動かない車の列。
ガソリンはしばらく入れらなくなるだろう・・・と思い、帰宅を諦めて実家にUターンすることに。

この地震の規模を目の当たりにしたのは、実家の充電式のTVのスイッチを入れたときでした。
夜空を真っ赤に染める仙台新港のタンカー火災の模様が映っていました。

「荒浜に200名から300名の遺体が・・・」というアナウンサーの言葉の意味がよく理解できませんでした。
それほど、「津波」に対する想像力が欠けていたということでしょう。

おそらく、亡くなった多くの方も同じだと思います。
その時、自分がその場にいたか、いなかったか、だけの違い。


平野をどこまでもどこまでも猛スピードで追いかけてくる津波と、
山合の港でどんどん水嵩を増して3階のビルを飲み込む津波。
混乱の中で、自分なら冷静に無事逃げきることができるんだろうか?と考えることがあります。

防災の心得として、地元ラジオでは「津波警報が出たら、遠くより高いところへ」と呼びかけて、
海辺ではまず周囲の高台を探す、避難経路も頭に入れておく習慣をつける必要性を繰返し訴えています。
日本に住んでいる以上、誰もが心得ておくべきことですね。旅先でいつ被災するかわからないですから。
犠牲になったたくさんの尊い命を無駄にはできないです。


あの日、海に呑まれてしまったたくさんの方々の無念と、かけがえのない人やものを失った方々の心の痛み・悲しみに、謹んで手を合わせたいと思います。
合掌。

theme : ひとりごとのようなもの
genre : 日記

月命日

今日はブッチーの月命日です。そして、リュウの月命日でもあります。
ちなみに、ぷっちーの月命日とクリームの月命日は15日。まるで申し合わせたかのよう。

昨日、
「ブッチーがなくなって、もう1ヶ月か・・・」と
思った自分に、すかさず「2ヶ月だよ!」とツッコミを入れました。
時間の流れが速くてついていけない!

しかも、
新年をバタバタしながら迎えたせいか、未だに自分の中で平成25年が定着していません。
毎日仕事で何度となく日付を書くのですが、もう3月にもなるのに「26年」と書いてみたり、たまに27年だったり、あてずっぽうで書いている・・・(--;




120719_1627~02

~おすましブッチー~

theme : ■MIX犬■
genre : ペット

咳と寒冬とペットロス

2月の初めに風邪をひいて以来、ずっと咳が止まりません。
商売柄、いろいろな薬を試してみてはいるのですが、どれもピタリとこない。
あ~効いているな、落ち着いているな、と思っている矢先に、突然前触れなく咳き込みが始まってしまうことが多々あって、公の場ではとても気を遣います。
咳止めではどうもダメっぽいから、アレルギー性の咳ではないか?ということで、アレルギーの薬と外用の抗炎症剤に切り替えてみようかと思います。結果やいかに?

ちょうど8年前の同じ時期、やっぱり2ヶ月もの間咳が止まらなかったことがありました。
この2005年の冬も、とても寒かったのですよね。
クリームが亡くなった年のことで、よく覚えています。

当時は毎晩夜中の2時頃にクリームのトイレで外に出ていたりして、そりゃ風邪の治りも悪いわけだ、と今になって思うのですが、
その時は全く苦にならなかったし、自分の風邪なんか二の次、三の次だったように思います。(若かったし・・?(笑))

クリームのことはなんとしても自分が全責任を負って最期まで面倒をみる、という気負いが大きかったのだと思います。
(実際のところは周囲の多くの人たちに助けられてこそ、クリームは13歳という天寿をまっとうできたのですけども。)
それだけに、クリームが亡くなってからしばらくは精神的に不安定な状態が続きました。
日々の生活で大きなウェイトを占めていた事柄がなくなって、生活のリズムも変わってしまうのだから、仕方がないことですよね。
自分の存在意義がなくなってしまったんじゃないか、とまで感じて、周囲の人の自分への対応にも変に敏感になったりもしました。

このままじゃダメだ!と思って、何か他に興味を持てるものはないか、とキョロキョロしていてハマったのがサッカー。それもブラジル代表チーム。
一旦気に入ると、どんどん深みにハマる性質なので、好きな選手の所属チームのファンクラブに入ったり(スペイン語なんて全然わかんないのに!)、来日試合を横浜まで観に行ったり(宿泊先のホテルで「出待ち」までした^^;)、あげくの果て、ポルトガル語を勉強しよう、とテキストまで買ってみたり。(買っただけ ^^;)

そんなふうに大騒ぎしているうちに、いつのまにやらクリーム・ロスを抜け出していたのでした。(^^ゞ

リュウには母が、ぷちブチにはToshiが一番近くについていてくれたので、クリームのようなことはありませんでした。
リュウの死後、母が半年泣き暮らしたように、Toshiもまだまだ寂しいだろうなぁ。

でもなぁ正直なところ
ぷっちーもブッチーも、幽霊でいいから会いたいぞ!

「そんなこと言ってるとブッチーたちが成仏できないよ!」って、姉に怒られますけどね。(^д^;

theme : ■MIX犬■
genre : ペット

聴導犬

先日、妹がメールで
NHKの「ろうを生きる難聴を生きる」という番組に、リュウとクリームに似た聴導犬が出ている!・・・と教えてくれました。
が、生憎番組を見逃してしまいました。
後で調べたら ↓ に出ている「あみのすけくん」がそのわんこ。
http://www.nhk.or.jp/fukushi/chokaku/backnumber/2013/02/0217.html

それで、その次の回の放送を録画して見てみました。
http://www.nhk.or.jp/fukushi/chokaku/backnumber/2013/02/0224.html

ここに登場するみかんちゃんや、しん君がまた可愛いこと!!
特に、シーズーMIXでシーズーより一回り大きい「しん君」の働きぶりを見ているうちに、すっかりファンになってしまいまして、録画した番組を繰り返し見ています。(^^ゞ

以前、何かの番組で、聴導犬は犬種を問わないことから、雑種犬も活躍していると知りました。
しかも、愛護センターやボランティア団体から素質のある子を譲り受けて訓練するとのこと。
訓練の結果、聴導犬になれなかった子達も家庭犬としての道が開かれるという、人にも動物にも温かい事業です。
なんか、応援せずにはいられません。

みかんちゃん、しん君のユーザーである岸本淑子さんは、12年前にみかんちゃんを迎えるまではとても引っ込み思案だったのが、今では日本各地を訪れて講演をされているとか。聴導犬は生活の便利さだけじゃなく、大きな自信も与えてくれるものなんですね。番組を見ていて、ユーザーさんと聴導犬との信頼関係の深さが見てとれて、胸が打たれました。

聴導犬は他の補助犬と比べると、かなり普及率が低いそうです。
それは、聴導犬への認知度が低いことが一番の理由とのこと。
そこで、聴導犬を育成している機関へのリンクを・・・

「社会福祉法人 日本聴導犬協会」 ・・・TOPページにしん君とみかんちゃんの写真
 http://www.hearingdog.or.jp/index2.htm

「NPO法人 聴導犬普及協会」 ・・・あみのすけ君が育ったところ
 http://www.hearingdogjp.org/

「NPO法人 聴導犬育成協会」
 http://www.hearingdog.jp/index.html

「聴導犬育成の会」
 http://www1.kamakuranet.ne.jp/ikusei/

他にも各地にあるようですので、興味のある方は探してみてくださいね。

 

theme : ■MIX犬■
genre : ペット

ぷちこのアルバム~妖怪シリーズ~

関東以西は昨日、春一番が吹いたと聞きました。
こちらでも夕べから強風が吹き荒れているので、「もしやこっちも春一番・・・?」と淡い期待を抱いていたのでしたが・・・。
春一番は南風なんですってね。そして、風と一緒に気温が上がるって。
こっちは昨日から一気に5℃くらい気温が下がって、西風が山から雪を飛ばしてきてますよ。
東北の春は遠いです。

さて、膨大な数のぷちブチの写真を見直していたら、前から集めようと思っていた「妖怪ぷち子シリーズ」がいとも簡単にできてしまいました。さっそく公開!


まずは「心霊写真」風

CA3B0062_20130302172216.jpg

DSCN6139.jpg

CIMG4910.jpg

まぁ、ぷっちーが落ち着きがなかったり、動きが速いばかりにブレちゃうわけなんですけど(^^;
わたし的には3枚目が結構リアルっぽくて怖い・・・

次は「妖怪べろん」
CIMG5562.jpg

べろんは、隙を狙ってブッチーのおやつを自慢の舌で横取りしようと企んでいる妖怪のこと。
DSCN6059.jpg


変身中
DSCN6265.jpg

変身後
CIMG5854.jpg

弟子↓
DSCN6148.jpg


こんな写真ばかり載せたら二人に怒られそうなので、最後は可愛らしいスナップを
CIMG5224.jpg

theme : ■MIX犬■
genre : ペット

プロフィール

rapico

Author:rapico
【登場人物】
らぴこ=私。犬と馬と通販とブラジル(?)と酢イカが好き。
Toshi=夫。犬と馬とスポーツ観戦と「水曜どうでしょう」が好き。
リュウ=実家の犬。16歳♂。気のいいじいちゃん。耳が遠くなって平穏な毎日。(2010年2月8日永眠)
マリン=姉の家の犬。7歳♀。思慮深く、かつワイルド。リュウを慕う。
チャッピー=姉の家のお預かり犬。月1で登場。見た目仔犬も老犬15歳。(2011年2月3日永眠)
ぷっちー=本名:チャコ。飼い主さん不在の家で相棒ブッチーと二人暮らし。食いしん坊で高速回転が特技の推定14歳のおばあちゃん。(2011年4月15日永眠)
ブッチー=本名:ポチ。2000年生まれ♂。ぷっちーの弟分。本能のままに生きるが、意外と物分りのよい一面も。好奇心旺盛な甘えん坊。(2013年1月8日永眠)
クリーム=今は亡きリュウの母親。リュウとは2つ違い。2005年3月15日永眠)

≪意味不明のコメント・トラックバックは断りなく削除します!≫

CalendArchive

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

らぴこのおススメ

【手作り鑑札ケース】

首輪に付けるポケット式の鑑札ケース。メモを入れてもいいね! 売上げは不幸な犬たちの保護活動に活かされるよ。

【おススメ犬具】
177.gif (4447 バイト)
可愛い犬グッズと手作りカラー&リードのお店。カラー&リードの使い心地はバツグンだよ!

【毎日のお散歩におススメ!】
「ワンダフン」 中・小型犬用
ウンチが緩いときも楽々お片付け☆トイレットペーパーをセットしておけばそのままトイレにも流せちゃう

【お出かけ先でのおトイレに♪】
わんちゃんトイレッシュ[15枚入]
ポリ袋ごと流せるので、お出かけ先の公衆トイレにポイ!もうウンチのお土産はいらないよ

東日本大震災被災動物支援

福島原発避難地域の動物支援
がんばっペット
飼い主さんと離れ離れになって保護されている犬猫たちの情報が写真入りでまとめてあります!

捜しています!!

迷い犬を捜しています。 「この犬は!」と思われた方は写真をクリックしてください
ぷーちゃん

ラッキーくん

23/4/30 愛知県田原市蔵王山で失踪
ミニチュアダックス/♀/赤い首輪の裏側に連絡先

20/9月頃 浜松市西区馬郡町より失踪
ハチ

20/9/6 浜松市南区若林町より失踪
はな

20/7/12 浜松市西区馬郡町より失踪
ロン

お知らせ

↑click

里親募集中!

!お願い!
ペットショップへ行く前に、ぜひ保護施設やボランティアから迎え入れることを検討してみてください。優しい家族を待っている子達が沢山います。


仙台市を中心に活動中のボランティア



里親募集情報・全国版
(マリンとの縁結びをしてくれたサイトです)

天気予報

QRコード

QRコード

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。