スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試行錯誤

リュウを先週末から3日連続で職場に連れてきましたが、どうも落ち着かないのが正直なところです。

環境を変えることがリュウに悪影響を及ぼさないかな・・・。
でもいずれはトイレの世話から、体位変換まで、手元に置いて手をかけなければならない日がくるし・・・。
だけど、リュウの幸せは、慣れた我が家・慣れたベッドで誰にもジャマされずにのんびり昼寝することだろうなぁ・・・。
もぅ、どうしたらいいんだ!? と葛藤する毎日。

ことの起こりは、リュウのおもらしです。

普段、庭に出る引き戸は、リュウの鼻が突っ込めるくらいの隙間を開けています。トイレにいきたくなったときは、リュウが自力で戸を開けて外に出ていました。
一旦リュウがトイレに出てしまえば、その後は野良ネコたちが室内に入り放題、という現状なのですが、リュウは夕方までトイレに出ないことの方が多く、母が5時頃に帰宅しても引き戸の隙間は朝のまま、とうことがほとんどでした。

しかし、この夏までは自力で戸を開けていたリュウもここに来て力尽きたようです。

リュウが室内におもらししていたのは、両親不在で私が実家の留守番をした日のこと。
店を閉めてからの帰宅なので、8時頃になっていました。
夕方の5時くらいまでならリュウもトイレをガマンできるのでしょうが、それ以降は限界だったのでしょう。
庭に出る引き戸は10cm弱の隙間が開いたまま。ここで、リュウはもう引き戸を開けられない、という事を悟りました。
恐らくリュウは、庭に出れないのなら玄関から・・・と考えたのか、ダイニングキッチンから玄関ホールに出る扉の前で大小合わせて盛大におもらししていました。
うぅぅ・・・リュウのその時の戸惑いと無念たるや、想像すると涙がちょちょぎれます。絵文字名を入力してください
リュウは、どんなに具合が悪いときでも室内で粗相することはなく、トイレだけは完璧だったのです。

問題は、出入り口の開口だけではありません。
庭にネコたちがいれば、リュウはなかなか外に出られません。目はほとんど見えていないので、時間をかけて気配を探り、ネコがいないのを確信してから庭に下りている状態です。

そんなこんなで、喧々諤々みんなで話し合っては、イロイロ試してみているのですが・・・

①庭への出入り口をリュウが通れるくらい開けておく → ネコ入り放題。冬場は寒い
②出入り口を完全閉め切り。日中、手の空いた誰かがリュウにトイレをさせにいく → リュウのタイミングと人間のタイミングがかみ合わない(熟睡中のリュウを起こすのが忍びない)
③出入り口を完全閉め切り。母が夕方早めに帰宅し、散歩へ。 → 毎日必ず早めに帰れるとは限らない
④リュウを職場に連れてくる(いずれ、リュウが歩けなくなれば必ずそうなる) → 環境が変わってリュウが落ち着かない。居住環境は決して良くはない
⑤マリンにリュウの番犬を頼む(1回試して大成功) → 実はマリンもネコは苦手。毎日通うのは大変。

長い目で見れば④が一番いいのかなぁ・・・と思いつつも、
こんな風に、自宅の暖かな窓辺で伸び伸びと寝ているリュウを見ると、やっぱり住み慣れた自宅にいるのが幸せなんだろうな、と思ってしまいます。
CA3C0134.jpg

今からでも室内トイレができるようにならないかと思って、外でペットシーツにオシッコさせてみたりもしてるんですけど、逆に今までの外トイレが完璧だっただけに・・・難しいだろうな~。

theme : ■MIX犬■
genre : ペット

リュウ君・・・・(;_;)
子供の頃に、おもらしをしてしまった時の無念さが蘇ってきました・・・・。
この悔しさは人も犬も、きっと同じでしょうね。
私も先々の事を考えると④番がいいような気がするんですが、環境が変わるとリュウ君にとってはストレスだろうし・・・難しい問題ですね。

リュウ君は家族に愛されてるんですね。
老犬になったからと犬を捨てる人もいる中で、家族みんなで話し合ってリュウ君のことを考えてる、らぴこさんファミリーは飼い主の鑑です!
リュウ君はいい家族を持ちましたね(^^)

リュウ君、慣れようね・・・。

リュウ君、いよいよ・・・と云うか。ぼつぼつ・・・と云うか。
そろそろ、介護の始まりですね。

理想は、慣れた家での老後がベストですが、やはり
④が良いかな・・・と思います。

大変ですが、頑張ってください。

リュウ君、家族がいつも一緒だよ。ガンバ・・・。

≫ぺえたさん
最近、リュウはいろいろと人に頼ることが多くなってきてるんですけど(ゴハンを食べさせてもらうとか、段差を抱っこしてもらうとか)トイレだけは頑張って庭に出ようとしているんですよね。なんだかいじらしくなります(TεT)
これからどんどん大変になると思いますが、リュウには赤ん坊の頃から1人で留守番ばかりさせてきたから、せめてもの罪滅ぼしになるように一生懸命世話をしていこうと思います。

≫はちかねこさん
ついに・・・って感じです。秋になってから脚の老化が著しくて、身体を支えているのが辛そうです。
ここ3日は自宅に置いておき、母が早めに散歩に連れ出すパターンでいますが、近々歩けなくなりそうな予感・・・。いろいろと準備を進めておこうと思います。
食も細くなってきていて、こっちも工夫をする必要がありそうです。
マムさんや先輩飼い主さんたちのブログで介護の壮絶さ(?)を見知って不安もいっぱいですが、リュウへの恩返しと思って頑張ります。

リュウくんの排泄コントロールの問題・・・私達もグッピーやしろちゃんで色々経験しました。
最期まで自立しようとするので、その習慣をサポートしてあげられるのが一番いいと思われます。
足が不自由になると排泄も困難になりますが、摂取の時間と量から排泄のタイミングをはかること、最期が近づくと排尿は頻回となるので汚れてもいい環境を作ること、排便障害はオムツの使用など色々やってみました。床に防水シートを敷き段ボールをパズルのように敷き詰め、汚れた部分だけを外して替える方法は有効でした。しろちゃんはオムツしか方法がみつからず最期は立てませんでしたがオムツのカバー(腹巻)をして対処できました。時間的に我慢させないで自立を支える方法が見つかりますように。自然な老化で介護となるのなら亡くなる直前の数日かなと思われます。
かなりのところまで自立しようと頑張りますから最期の時期が壮絶という感じではなかったですょ。
むしろ老衰の場合はターミナル期も感動的ですょ。リュウくんに寄り添ってあげられる当番なり配置なり体制を家族が協力して作ってあげられることが一番いいのではないかと思いました。私はグッピーやしろちゃんとの別れの瞬間まで素敵な思い出だったので、その後すぐにハッピーを迎えられました。老いるのもまた発達過程です。これからリュウくんと体験することからも沢山の学びがありますから体制作りをまず考えてみてくださいね。

≫チルさん
体験に基づいた貴重なアドバイス、本当にありがとうございます。<(_ _)> 介護の先輩方の経験を聞かせていただくのが一番勉強になります。ダンボールを小さくして敷き詰める、というのは考えもしませんでした!

思えば、クリームも亡くなる数日前まで普通に生活できていました。深夜の屋外トイレは習慣になっていたものの、最後まで排泄の問題にぶつかることはなくて呆気ないほどでした。
リュウは脚の老化が著しくて、今後立てなくなる可能性が大ですが、自力で排泄しようとする限りはそれをサポートする形で進めていくべきなのですね。まずは後脚のサポート用ハーネスを試してみようと思います。
あと時間帯。これが結構難しいものですね。その日の寒さによっても違うし・・・ 研究しなくては。

我が家は昼間、みんなでリュウを看る事が可能ですから、とても恵まれていると思います。それでもリュウと一緒に暮らしている両親の負担が重くなるのは必至ですから、いかにそれをサポートしていくか・・・。

老化は一方通行の一本道だと思うととても寂しくなるのですが、チルさんの仰るように“発達過程”だと思えば、それが本来あるべき姿なんだと受け入れられますね。
私も、年老いたクリームを引き取ってからの1年半は大変だという思いはなくて、充実感でいっぱいだったように思います。そして、身を以って老いていくこと、死んでいくことを教えてくれた彼女に感謝の気持ちばかりが残りました。リュウともそんな時間を過ごしたいです。
Secret

プロフィール

rapico

Author:rapico
【登場人物】
らぴこ=私。犬と馬と通販とブラジル(?)と酢イカが好き。
Toshi=夫。犬と馬とスポーツ観戦と「水曜どうでしょう」が好き。
リュウ=実家の犬。16歳♂。気のいいじいちゃん。耳が遠くなって平穏な毎日。(2010年2月8日永眠)
マリン=姉の家の犬。7歳♀。思慮深く、かつワイルド。リュウを慕う。
チャッピー=姉の家のお預かり犬。月1で登場。見た目仔犬も老犬15歳。(2011年2月3日永眠)
ぷっちー=本名:チャコ。飼い主さん不在の家で相棒ブッチーと二人暮らし。食いしん坊で高速回転が特技の推定14歳のおばあちゃん。(2011年4月15日永眠)
ブッチー=本名:ポチ。2000年生まれ♂。ぷっちーの弟分。本能のままに生きるが、意外と物分りのよい一面も。好奇心旺盛な甘えん坊。(2013年1月8日永眠)
クリーム=今は亡きリュウの母親。リュウとは2つ違い。2005年3月15日永眠)

≪意味不明のコメント・トラックバックは断りなく削除します!≫

CalendArchive

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

らぴこのおススメ

【手作り鑑札ケース】

首輪に付けるポケット式の鑑札ケース。メモを入れてもいいね! 売上げは不幸な犬たちの保護活動に活かされるよ。

【おススメ犬具】
177.gif (4447 バイト)
可愛い犬グッズと手作りカラー&リードのお店。カラー&リードの使い心地はバツグンだよ!

【毎日のお散歩におススメ!】
「ワンダフン」 中・小型犬用
ウンチが緩いときも楽々お片付け☆トイレットペーパーをセットしておけばそのままトイレにも流せちゃう

【お出かけ先でのおトイレに♪】
わんちゃんトイレッシュ[15枚入]
ポリ袋ごと流せるので、お出かけ先の公衆トイレにポイ!もうウンチのお土産はいらないよ

東日本大震災被災動物支援

福島原発避難地域の動物支援
がんばっペット
飼い主さんと離れ離れになって保護されている犬猫たちの情報が写真入りでまとめてあります!

捜しています!!

迷い犬を捜しています。 「この犬は!」と思われた方は写真をクリックしてください
ぷーちゃん

ラッキーくん

23/4/30 愛知県田原市蔵王山で失踪
ミニチュアダックス/♀/赤い首輪の裏側に連絡先

20/9月頃 浜松市西区馬郡町より失踪
ハチ

20/9/6 浜松市南区若林町より失踪
はな

20/7/12 浜松市西区馬郡町より失踪
ロン

お知らせ

↑click

里親募集中!

!お願い!
ペットショップへ行く前に、ぜひ保護施設やボランティアから迎え入れることを検討してみてください。優しい家族を待っている子達が沢山います。


仙台市を中心に活動中のボランティア



里親募集情報・全国版
(マリンとの縁結びをしてくれたサイトです)

天気予報

QRコード

QRコード

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。