リュウの復活劇??

一昨日のお昼、1時頃。


暖かな日差しの中、庭を徘徊(?)するリュウ。この時はごく普通に歩いていたので、この後の展開は予想だにしませんでした。
とはいえ、明らかにこれは私達に油断があったこと。いつこうなってもおかしくはない状態にあったのですよね。痛い教訓になりました。

午後5時頃、自宅へ帰った母から「リュウがおかしい」という電話がありました。
母が帰ると、リュウは居間のベッドの近くに腰を落とし、両前足を開けるだけ開いてハァハァ荒い息をしてヨダレを垂らしていたとのこと。
前足が滑り、身体を起こすことができずにもがいていたようです。一体いつから???
滑り止めコート剤を塗っている居間と食堂では滑ることがなかったのですが、足腰が弱り、身体を支える力がなくなったのでしょう。もともと弱っていた後脚はもちろん、前脚も真直ぐに伸びたまま。起き上がらせても四肢に力が入りません。

あいにく私は職場を離れることができず、病院で診察を受けるかどうかということもあって、仕事を終えたToshiに実家へ直行してもらいました。
リュウはベッドに移してもしばらく硬直状態だったようですが、私が帰る頃にはだいぶ落ち着いていて、横になっていました。

食事もわずかですが摂りました。

水は口元に水皿を持っていっても飲まないので、シリンジで少しずつ口に流し込むことに。
念のため、ベッドにシーツを敷いてオムツを当てておきましたが、リュウは失禁するようでもなく、抱き上げて庭に出、身体を支えるとオシッコはできました。

しかし自分では立ち上がることができない状態です。いよいよ寝たきり生活の始まりか・・・。

この日は実家に泊まり、リュウのベッドと布団を並べて寝ました。11時に庭でオシッコ、12時就寝、3時に寝返り(オシッコにも連れ出したが出ず)、6時にオシッコ。
寝返りの間隔はもっと短くなくてはならないだろうか? 水は1日どれくらい飲ませればいいのか? ウンチも抱きかかえてさせることはできるだろうか?
夜中の体位変換は、私も週に2日位は実家に泊まれるとして、それ以外は母に託すことになるが・・・果たして大丈夫だろうか??
寝ながらいろんな疑問や不安が頭をぐるぐる回るばかり・・・。


翌朝は私がリュウの上体を支えて起こし、母がゴハンを食べさせると、たちまち缶詰(小)を平らげました。寝た状態では食が進まないけど、起き上がると食べられるみたいです。

これからはリュウも毎日出勤です。

朝までは支え無しでは起き上がることもできませんでしたが、お昼には前脚で起き上がろうとし始めました。
上体をコートの紐で支え、腰は尻尾を持つことでバランスを保って排便もクリア。
さらに、芝生やアスファルトの上では支えなしでも歩くことが出来るようになりました。
午後にかけてどんどん回復・・・!!
夕方には自分で寝返りを打っていました。
夜には自分で立ち、水もボウルから飲めるまでになり、ゴハンもしっかり食べました。

夕べは母がリュウと布団を並べて寝ましたが、最初からしっかり母の布団の上で寝たそうです。(--;

しかし脚が弱っていることには変わりがなく、毛足の短いカーペットの上ですら滑ってしまう状態なので、またいつ何時滑って動けなくなってしまうか分かりません。
リュウの過ごす場所には店にも家にも摩擦の大きなカーペットを敷くことにしました。

すっかり元気になった今日は、店に来ても歩きまわってばかりでした。旋回運動も激しくなってきています。
疲れればさすがに横になるだろう、と放っておいたのですが、結局一度も横にならずに立ち通しで過ごしてしまいました。一昨日からの変わり様に呆れるほどです。
店にいると入れ替わり立ち代り隣の部屋で誰かが昼食をとるので、刺激も大きいんですよね。
食欲もすっかり回復して(普段よりも動くのでお腹が空くのでしょう)、いつもは食べないお昼ゴハンまで食べる始末。
5時の母の帰宅に合わせてリュウも早めに帰宅させると、ベッドに直行して速攻で寝たそうです。

もうリュウから目を離すわけにはいかないので家に置いてはおけない、でも店に連れて行けばリュウは疲れる・・・慣れて落ち着いて過ごせるようになるまで辛抱するしかないのだと思いますが、明日もこの調子だと心配です。

さて、ホッとすると同時に私の体の方もあちこち悲鳴を上げ始めました!!
一日に何度となくリュウを抱きかかえるので、ヒザ、太もも、お尻、股関節(なぜ!?)の痛みから、今日は背筋痛、さらに上昇して肩こり。普段なまっている筋肉たちに喝が入りました。(TдT)

またいつ動けなくなるか分からないリュウですが、今回の経験でちょっとだけ気構えができたような気がします。
でもやっぱり、寝たきりになったらショックだよなぁ・・・。
再び歩き始めたリュウの姿が、可愛く見えてしかたありません。

theme : ■MIX犬■
genre : ペット

リュウ君、ガンバ・・・

こんな日が来る事は判っていましたが、イザ来てみると辛いですね。
自力で歩こうとする姿に、生命力の強さを感じます。
ガンバ・・・リュウ君。

≫はちかねこさん
ありがとうございます。
はちかねこさんはもう何年も、しかも何頭か掛け持ちで介護されてきているというのに、我が家は3日目で(それも、普通に歩けているのに)ヘトヘトになっています~~。この先が思いやられます!
それにしても、ほんと、動物は諦めないんですね。立てなくなった時点で、人間なら“もうオレはダメだ~”という気持ちが多かれ少なかれ芽生えると思うんですけど、犬は違いますもんね。食べ物を口元に持っていけば立ち上がろうとするし・・・。見習わねば。

リュウ君はなんとか快復したんですね。
よかったよかった。
らぴこさん、筋肉痛は治りました?
介護は気力と体力が必要なんですね。

リュウ君の歩く姿を見ると、私もがんばろうという気持ちが湧いてきます。
ありがとう、リュウ君!

≫ぺえたさん
ありがとうございます~<(_ _)>
おかげさまでリュウの脚も私の筋肉痛も「あの騒ぎは何だったの??」状態に落ち着きつつあります。(^^;
っていうか、回復したリュウが元気過ぎて気味が悪いほどなのです。。。反動が来ないといいんですけど。
つくづく思いますが、老犬の体調は波がありますね。その波に翻弄されっぱなしです。(T▽T)
Secret

プロフィール

rapico

Author:rapico
【登場人物】
らぴこ=私。犬と馬と通販とブラジル(?)と酢イカが好き。
Toshi=夫。犬と馬とスポーツ観戦と「水曜どうでしょう」が好き。
リュウ=実家の犬。16歳♂。気のいいじいちゃん。耳が遠くなって平穏な毎日。(2010年2月8日永眠)
マリン=姉の家の犬。7歳♀。思慮深く、かつワイルド。リュウを慕う。
チャッピー=姉の家のお預かり犬。月1で登場。見た目仔犬も老犬15歳。(2011年2月3日永眠)
ぷっちー=本名:チャコ。飼い主さん不在の家で相棒ブッチーと二人暮らし。食いしん坊で高速回転が特技の推定14歳のおばあちゃん。(2011年4月15日永眠)
ブッチー=本名:ポチ。2000年生まれ♂。ぷっちーの弟分。本能のままに生きるが、意外と物分りのよい一面も。好奇心旺盛な甘えん坊。(2013年1月8日永眠)
クリーム=今は亡きリュウの母親。リュウとは2つ違い。2005年3月15日永眠)

≪意味不明のコメント・トラックバックは断りなく削除します!≫

CalendArchive

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

らぴこのおススメ

【手作り鑑札ケース】

首輪に付けるポケット式の鑑札ケース。メモを入れてもいいね! 売上げは不幸な犬たちの保護活動に活かされるよ。

【おススメ犬具】
177.gif (4447 バイト)
可愛い犬グッズと手作りカラー&リードのお店。カラー&リードの使い心地はバツグンだよ!

【毎日のお散歩におススメ!】
「ワンダフン」 中・小型犬用
ウンチが緩いときも楽々お片付け☆トイレットペーパーをセットしておけばそのままトイレにも流せちゃう

【お出かけ先でのおトイレに♪】
わんちゃんトイレッシュ[15枚入]
ポリ袋ごと流せるので、お出かけ先の公衆トイレにポイ!もうウンチのお土産はいらないよ

東日本大震災被災動物支援

福島原発避難地域の動物支援
がんばっペット
飼い主さんと離れ離れになって保護されている犬猫たちの情報が写真入りでまとめてあります!

捜しています!!

迷い犬を捜しています。 「この犬は!」と思われた方は写真をクリックしてください
ぷーちゃん

ラッキーくん

23/4/30 愛知県田原市蔵王山で失踪
ミニチュアダックス/♀/赤い首輪の裏側に連絡先

20/9月頃 浜松市西区馬郡町より失踪
ハチ

20/9/6 浜松市南区若林町より失踪
はな

20/7/12 浜松市西区馬郡町より失踪
ロン

お知らせ

↑click

里親募集中!

!お願い!
ペットショップへ行く前に、ぜひ保護施設やボランティアから迎え入れることを検討してみてください。優しい家族を待っている子達が沢山います。


仙台市を中心に活動中のボランティア



里親募集情報・全国版
(マリンとの縁結びをしてくれたサイトです)

天気予報

QRコード

QRコード

RSSフィード