PBウン○削減計画

(以下、お食事中の方はご遠慮ください)

ぷちブチのの量はハンパじゃない。 (いきなりスミマセン)
それは、10分ほどの散歩でブッチーが4~5回排便することからも容易に想像がつくと思う。(最後はほとんど出ませんけどね)
これは食べているフードの影響に他ならない。1粒当りの栄養価が少なく、食べた物のほとんどが吸収されず便になって排泄されてしまうためだ。

毎日ゴハンを与えてくれるのは親戚のWさんだ。
当初、我々はフードには関与しないことにしよう、と決めていた。
当時はブッチーの耳や鼻の薬もあって医療費だけでも結構かかるから、毎日のフードまで負担することはできそうもなかった。負担できないのならフードの内容についてまで言及することなんてできっこない。

しかし・・・
1年がたち、彼らの元へ行く度に膨大な量のウン○掃除をしなければならないことに疑問が芽生えてきた。
こんなにウン○をさせる必要があるのか?
全てが無駄なんじゃないのか!?

仕事帰りにスーツ姿でこのウン○たちと格闘しているToshiも可哀想だ。

というか、なによりもかによりも、不衛生なんだよね。

また、ブッチーの皮膚病にも思うところがあった。
その昔、クリームもぷちブチと同じ状態にあったが、フードを変えたことによってウン○の量が劇的に減ったのはもちろん、毛吹きが驚くほど良くなった。フードで変わるのは、ウン○だけじゃないことを実感した。
フードの質を上げることで、もしもブッチーの皮膚症状に改善が見られたりしたら、こんな嬉しいことはない。


そこで「フードを替えてみよう計画」を立案した。


まずは某ドッグフードの3kg袋を購入した。
これに、どうやって切り替えてもらうか。私達自身が毎日ゴハンを与えられるなら全く悩む必要のないことだが、ココが難しい。
まさか、真っ向から「もっと高いフードを食べさせたいんです」とは言えない。
まずは「知人からの差し入れ」ということにすることにした。
「ウンチの量が減って、掃除が楽になるそうだから・・・」ということを、新しいフードを試してみる理由にするのは問題ないと思う。
これでぷちブチたちが気に入って身体にも合うようなら「これからは私達がフードを用意します」という流れにもっていけるだろう。
ただ、今まで通りの量を与えたら、明らかに栄養過多になってしまう。
恐らく今は、目分量で、器に山盛りにして与えられているのだと思う。
予め丁度よい大きさのカップを用意して、「これで1回掬うと丁度よい量です」という具合にお願いする必要がある。Wさんの負担を増やしてはいけない。

・・・・・・・・


実はこの計画、2ヶ月ほど前に打ち立てたものですが、リュウの介護やぷっちーの手術でバタバタしており、頓挫していました。
が、先週の日曜日、雨上がりの2日半分のうん○掃除があまりにも悲惨な状況だったので、すぐにでも実行に移さねば!!とお尻に火がついた次第です。
これって犬を飼っていない人には耐えられない作業だろうな、と改めて思いましたよ。
(象の飼育員さんなら朝飯前かもしれませんが)
救いは、彼らのうん○があまり臭くないこと。これは、どのフードを食べてもそうなのです。不思議・・・


あまり詳しく説明すると読みたくなくなる方も多いかと思いますが、ぷちブチの家には3つのウン○ゾーンが存在します。

1つは、ぷっちーの家の前。
ぷっちーは行動範囲的に、そこにしか排泄をすることができません。可哀想なんです。
極力ぷっちーにウン○を踏んで欲しくないのですが、我々の姿を見ると回らずにはいられないぷっちー・・・ うん○にはしっかり足型が・・・
地面が湿っていたりしてウン○を完全に取りきれなかった場合は、上から「室外犬用の砂」を撒いて、消臭・乾燥に努めます。


2つ目は、俗に「ブチ男池」と呼ばれる、ブッチーの家の前の窪地。
池とは言っても、そこに水が溜まるのは年に1~2度のこと。幻の池です。
一見、そこにウン○は見当たりません。ブッチーが巧みに土をかけて隠すのです。これがクセモノ!!
いちいち土の中からウン○を発掘しなければなりません。
ここが池になったときの恐怖・・・ 想像していただけますでしょうか?


3つ目は、ブッチーの家の東脇の小さな空き地。我々が「ウン○遺産」と呼ぶブッチーのウン○遺跡です。ただの遺跡じゃありませんよ、世界遺産に対しての「ウン○遺産」ですから。
ここのウン○らもまた、ブッチーによって巧みに土が掛けられていますから、恐らく何年もの間、手付かずのまま残されていたのではないかと思われます。よって、この遺跡を掘れば、その地層からブッチーが食べてきたフードの歴史を紐解くことができるのではないかと・・・。

あ~ぁ、書いててイヤんなっちゃった。
大雑把に写真入りでご紹介しようと思いましたが、想像を刺激してしまうといけませんので、やめときました。

そいういうわけなので、「PBウン○削減計画」絶対に成功させてみせます!!

theme : ■MIX犬■
genre : ペット

「ブチ男池」と「ウン○遺産」に大笑いしてしまいましたが(^▽^)この計画はぜひ成功してほしいと思います。

フードを変えたらワンコの病気が治ったって話、良く聞きますよね。
ちよもドッグフードによって、ウン○の量が増えたり減ったり、色も違ったりしますよ。
先月はフードが合わなくて、ゆるゆるウン○になってしまいました(-_-;)

Wさんは昔ながらの犬の飼い方しかご存じないようですし、うまく話ができるといいですね。

≫ぺえたさん
今度、幻のブチ男池の写真を探してUPしますね。(= ̄∇ ̄=)
たしかあったはず・・・ え?見たくない??

高い・安いだけじゃなくて、フードとの相性ってのもありますもんね。
ぷちブチは今までどの銘柄のフードを食べてもお腹を壊すことはなかったみたいですけど、慎重に切り替えていかなきゃならないかな。第一段階は今のフードにザッと混ぜてみて、ウン○の状態を見てみます。
Wさんもあの惨状が改善されるなら、フードの切替は歓迎してくれんじゃないかと期待しているんですけどネ。
リュウの残したフードがあるので、「それを食べてもらいたい」というのをきっかけにしてもいいかな?と思ってます。^^
Secret

プロフィール

rapico

Author:rapico
【登場人物】
らぴこ=私。犬と馬と通販とブラジル(?)と酢イカが好き。
Toshi=夫。犬と馬とスポーツ観戦と「水曜どうでしょう」が好き。
リュウ=実家の犬。16歳♂。気のいいじいちゃん。耳が遠くなって平穏な毎日。(2010年2月8日永眠)
マリン=姉の家の犬。7歳♀。思慮深く、かつワイルド。リュウを慕う。
チャッピー=姉の家のお預かり犬。月1で登場。見た目仔犬も老犬15歳。(2011年2月3日永眠)
ぷっちー=本名:チャコ。飼い主さん不在の家で相棒ブッチーと二人暮らし。食いしん坊で高速回転が特技の推定14歳のおばあちゃん。(2011年4月15日永眠)
ブッチー=本名:ポチ。2000年生まれ♂。ぷっちーの弟分。本能のままに生きるが、意外と物分りのよい一面も。好奇心旺盛な甘えん坊。(2013年1月8日永眠)
クリーム=今は亡きリュウの母親。リュウとは2つ違い。2005年3月15日永眠)

≪意味不明のコメント・トラックバックは断りなく削除します!≫

CalendArchive

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

らぴこのおススメ

【手作り鑑札ケース】

首輪に付けるポケット式の鑑札ケース。メモを入れてもいいね! 売上げは不幸な犬たちの保護活動に活かされるよ。

【おススメ犬具】
177.gif (4447 バイト)
可愛い犬グッズと手作りカラー&リードのお店。カラー&リードの使い心地はバツグンだよ!

【毎日のお散歩におススメ!】
「ワンダフン」 中・小型犬用
ウンチが緩いときも楽々お片付け☆トイレットペーパーをセットしておけばそのままトイレにも流せちゃう

【お出かけ先でのおトイレに♪】
わんちゃんトイレッシュ[15枚入]
ポリ袋ごと流せるので、お出かけ先の公衆トイレにポイ!もうウンチのお土産はいらないよ

東日本大震災被災動物支援

福島原発避難地域の動物支援
がんばっペット
飼い主さんと離れ離れになって保護されている犬猫たちの情報が写真入りでまとめてあります!

捜しています!!

迷い犬を捜しています。 「この犬は!」と思われた方は写真をクリックしてください
ぷーちゃん

ラッキーくん

23/4/30 愛知県田原市蔵王山で失踪
ミニチュアダックス/♀/赤い首輪の裏側に連絡先

20/9月頃 浜松市西区馬郡町より失踪
ハチ

20/9/6 浜松市南区若林町より失踪
はな

20/7/12 浜松市西区馬郡町より失踪
ロン

お知らせ

↑click

里親募集中!

!お願い!
ペットショップへ行く前に、ぜひ保護施設やボランティアから迎え入れることを検討してみてください。優しい家族を待っている子達が沢山います。


仙台市を中心に活動中のボランティア



里親募集情報・全国版
(マリンとの縁結びをしてくれたサイトです)

天気予報

QRコード

QRコード

RSSフィード